事例を見る

たくさんの借金やローンを抱えているけれど、何とかマイホームは手放さずにいたいとか、借金の額を支払いやすくしたいなどといった負債の相談は、自分だけで悩んだり、不案内の友人に訪ねるよりも、身近な弁護士事務所を訪問してみることをお勧めします。
弁護士は探してみると意外にたいさんいて、また弁護士会というところに相談すれば無料相談会を利用できることもあります。
もちろん裁判所での手続き相談もできますし、専門サービスにお任せしたいという場合は弁護士に解決方法を相談することもできるのです。
債権者と自分たちだけで交渉していくことは困難で、なかなか話し合いには応じてもらえそうにないという場合、弁護士を通じてならば、スムーズにいくこともあります。

専門家の手続きを借りるので、多少のコストはかかりますが、手続き利用によって総額の支払うべき金額が大きく減らすことができる場合もありますし、過払金などが見つかりますと、債権者からお金を戻してもらえる場合もあります。
いずれにしても法律に則った手続きによって、適正に減額なり放棄なりをしてもらえるならば、それだけでかなりのメリットがあったことになります。
また、事業のやむを得ない失敗などによって到底支払えそうにない借金を背負うことになった場合も、破産などをして、やり直しをはかることもできるようなので、これらも専門サービスである弁護士にアドバイスや委任をすることによって、うまく切り抜けることができるでしょう。