【2018年】トヨタ ラッシュの買取査定相場と市場での位置づけ

【2018年】トヨタ ラッシュの買取査定相場と市場での位置づけ

 

 

現在のトヨタ ラッシュの買取価格の相場は、20.4万円〜128.1万円

 

 

 

トヨタ ラッシュの買取相場一覧

 

トヨタ ラッシュの買取査定の事例を一覧にまとめました。

 

査定時期 年式 車名・グレード・走行距離 査定額
2016年4月 2011年(平成23年) X / 3.0万km 882,000円
2016年3月 2006年(平成18年) ベースグレード / 9.4万km 275,000円
2016年3月 2007年(平成19年) G / 7.3万km 350,000円
2016年2月 2006年(平成18年) G 4WD / 14.1万km 292,000円
2016年2月 2008年(平成20年) X / 5.7万km 661,000円
2015年12月 2009年(平成21年) G / 6.6万km 530,000円

 

 

 

トヨタ ラッシュの特徴・買取市場での位置づけ

 

 

 

ダイハツからOEM供給を受けていたキャミ(テリオス)の後継モデルとして、2006年1月に登場したトヨタ最小のSUV。

 

※ダイハツのオリジナルモデルはビーゴ。

 

 

そのスタイルとコンパクトな見た目からは想像しにくいですが、中身は本格的なオフローダーです。

 

 

ボディはビルトインラダーフレーム式モノコックを採用。

 

 

4WDシステムはセンターデフロック機構付きのフルタイム四駆で武装。

 

 

オプションでVSC(横滑り防止装置)や急な下り坂でタイヤロックを防ぎ、車速を時速5kmほどにコントロールしてくれるDAC(ダウンヒルアシストコントロール)といったメカニズムも用意されています。

 

 

見た目以上の広い室内も特徴で、リアシートをたたむと、最大750リットルにまで拡大する収納力抜群の大きなラゲッジルームが出現。

 

 

また後部座席は6対4の分割可倒式となっていることから、季節を問わずアウトドアレジャーの際にはかなり重宝する一台となります。

 

 

販売開始から10年を超えるロングセラーではあったものの、2016年3月に販売終了。

 

 

これによって同社の5ナンバーSUVは消滅してしまいました。

 

 

 

 

なお、現在のところ後継車は存在しませんが、ジュネーブショーで発表された「トヨタ C-HR」が後を継ぐ車種になりそうです。

 

 

トヨタ ラッシュの買取査定額アップポイント

このクルマ、根強いファンが多いため、買取相場の下降傾向は今のところ極めて小さいです。

 

 

売ってしまうつもりなら相場が崩れる前にしたいところですね。

 

 

 

愛車の価値が下がる前に

一括査定でチェック

お試し査定もOK!

 

トップへ戻る