【2018年】ランドクルーザープラドの買取査定相場と市場での位置づけ

【2018年】ランドクルーザープラドの買取査定相場と市場での位置づけ

 

 

現在のランドクルーザープラドの買取価格の相場は、27.3万円〜482.9万円

 

 

 

トヨタ ランドクルーザープラドの買取相場一覧

 

トヨタ ランドクルーザープラドの買取査定の事例を一覧にまとめました。

 

査定時期 年式 車名・グレード・走行距離 査定額
2016年5月 2013年(平成25年) TX L パッケージ / 2.5万km 2,790,000円
2016年5月 1997年(平成9年) TZ / 9.0万km 168,000円
2016年4月 2005年(平成17年) TX / 8.6万km 773,000円
2016年4月 1993年(平成5年) SX ワイド / 15.1万km 210,000円
2016年3月 2008年(平成20年) RX / 4.4万km 982,000円
2016年3月 2005年(平成17年) TZ Gセレクション / 5.4万km 1,390,000円
2016年3月 1996年(平成8年) RZ / 7.2万km 175,000円
2016年2月 2015年(平成27年) TX アルジェントクロス / 0.6万km 3,289,000円
2016年2月 2007年(平成19年) TX リミテッド / 6.6万km 1,106,000円
2016年2月 2007年(平成19年) TX リミテッド 60thスペシャルエディション / 9.6万km 1,481,000円
2016年1月 1996年(平成8年) TS / 14.2万km 350,000円
2016年1月 2010年(平成22年) TZ-G / 8.1万km 2,432,000円
2016年1月 1990年(平成2年) EX 5 / 15.7万km 93,000円
2015年12月 2001年(平成13年) TX パッケージII / 16.4万km 605,000円
2015年12月 2000年(平成12年) RZ 3ドア / 11.5万km 144,000円

 

 

 

トヨタ ランドクルーザープラドの特徴・買取市場での位置づけ

 

    

 

 

3列シートモデルもありファミリーユースにも適した本格クロカン4WD。

 

 

1960年代以降、ランクルの愛称を持つクルマは多数登場しましたが、現状ランクルファミリーの入門車的存在なのがプラドになります。

 

 

200系の上級感を受け継ぎつつ、オンロードでの快適性とオフロードでの走破性のバランスに優れているのが特徴。

 

 

70系の派生車種(ライトデューティー版))として1984年に登場した「ランドクルーザーワゴン」が祖先にあたります。

 

 

そして1990年にデビューした初代プラドは、当時大人気だった三菱車と比較されることも多く、“トヨタ版パジェロ”と揶揄されたことも。

 

 

そこから90系、120系を経て、2009年9月に登場した現行型は4代目・140系ということになります。

 

 

この車が流行りのシティタイプSUVと違う最大のポイントは、モノコックではなく頑丈なラダーフレームを採用し続けているところです。

 

 

ランドクルーザーの名に恥じることなく、世界中のあらゆる路面を走破、酷使されることを前提とした基本理念があるのです。

 

 

電子システムにしても、路面状況に応じて駆動力を4輪に最適配分する「マルチテレインセレクト」や4輪を独立制御してホイールスピンや車輪のロックを抑制する「クロールコントロール」を搭載。

 

 

また降下速度抑制装置DACやHSAまで装備しており、悪路走破性能は世界トップクラス。

 

 

正直ほとんどの所有者は、このクルマの持つ性能を限界まで使い切ることはないでしょう。

 

 

 

 

エンジンは4L V6+5速ATと2.7L直4+4速ATの2タイプ。

 

 

4Lはパワフルで豪快、それに比べて売れ筋の2.7Lはスムーズではあるものの、2トンを超える車重に対して役不足感は否めません。

 

 

今時、このクラス・価格帯のクルマでオートマが4速というのも微妙なところです(ランクル200は全車6速AT)。

 

 

サードシートは緊急用ながら、あるとないとでは利便性が違います。

 

 

シートアレンジが豊富でミニバン的に使うことができるのも魅力。

 

 

「人や荷物を多く載せる機会が多いけど貨物車みたいなのは嫌だ」という人なら、無骨さと高級感が同居するエクステリアが映える一台は次期愛車候補に挙げてみてもいいかもしれません。

 

 

ボディカラーはSUVとしては意外に多い10色展開。

 

 

ブロンズマイカメタリックやダークグリーンマイカなどの個性的なボディ色も気になるところです。

 

 


現行モデル購入アドバイス!

ディーゼルモデルは新車価格が割高ながら、減税や補助金があり実質的な価格差は小さくなるので、「TX Lパッケージ 7人乗り」のディーゼルがおすすめです。

 

 

また、乗り換え時にもディーゼルのほうが査定額は高く、購入時の出費は下取り価格や燃料代で取り戻せるでしょう。

 

 

5人乗りを選ぶなら、割安感がある「TX」に好みのオプションを組み合わせるのがベスト。

 

 

そしてオプションでは、ボディが大きいのでクリランスソナーは必須となります。

 

 

ランドクルーザープラドの買取査定額アップポイント

ランクルはリセールバリューがすこぶる高く、買い替え時にはかなり有利な売却額・下取り額が出る車種です。

 

 

それだけに「見積りを取ってみたけどイマイチな値段しか提示されないな」という場合、そのまま妥協してはいけません。

 

 

もっと高く引き取ってくれる業者はいくらでもありますよ。

 

 

 

愛車の価値が下がる前に

一括査定でチェック

お試し査定もOK!

 

トップへ戻る