【2018年】マークXジオの買取査定相場と市場での位置づけ

【2018年】マークXジオの買取査定相場と市場での位置づけ

 

 

現在のマークXジオの買取価格の相場は、16.0万円〜120.4万円

 

 

 

トヨタ マークXジオの買取相場一覧

 

トヨタ マークXジオの買取査定の事例を一覧にまとめました。

 

査定時期 年式 車名・グレード・走行距離 査定額
2016年3月 2007年(平成19年) 240F / 11.7万km 208,000円
2016年2月 2008年(平成20年) 240G ブラックパールリミテッド / 8.1万km 252,000円
2016年2月 2013年(平成25年) 240 ファイブスタイル / 9.6万km 715,000円
2016年2月 2007年(平成19年) 240G エアロツアラー / 10.3万km 46,000円
2016年1月 2007年(平成19年) 350G エアロツアラーS / 7.2万km 550,000円
2015年11月 2008年(平成20年) 240G / 9.9万km 622,000円
2015年10月 2007年(平成19年) 240F / 6.0万km 405,000円
2015年8月 2006年(平成19年) 350G 6人乗り / 5.1万km 393,000円

 

 

 

トヨタ マークXジオの特徴・買取市場での位置づけ

 

 

 

トヨタの代表的上級パーソナルセダン・マークXのテイストを受け継いで作られた、大人のための新世代ミニバン。

 

 

ただし同社としては、この車をワゴンでもミニバンでもない“新コンセプトカー”として扱いたかったらしく、あくまでもミニバンとはされていませんでした。

 

 

2007年9月から発売を開始して、2013年12月に生産を終了。

 

 

駆動形式はFFながら、マークX譲りの質感や走り、乗り心地はそのままで、所有者の満足度評価はなかなか高くなっている一台です。

 

 

自由なシートレイアウトでさまざまな用途に対応してくれるのも特徴。

 

 

リアの荷室を仕切るトノカバーを付けた「セダンモード」、カバーを外した「ワゴンモード」、そして3列目シートを引き起こすと「ミニバンモード」となります。

 

 

さらにスライドできる2列目シートは折りたたみも可能で、2人〜7人までの快適な居住空間とラゲッジスペースを生み出すユーテリティさは特筆に値するものです。

 

 

3.5L V6エンジンを積むトップグレードの350Gは余裕の走り。

 

 

長距離運転が多いなら、こちらを選びたいところです。

 

 

 

 

トヨタ マークXジオの買取査定額アップポイント

その独特なスタイルのためか思ったほど人気が出なかったため、中古車市場でも販売は伸び悩んでいる様子。

 

 

買取査定も厳しくなりそうですが、だからこそ一括査定サイトを利用することで、業者間同士の争奪戦を起こさせるのが重要になります。

 

 

“本気の値段”を提示させるための、最速で最良の手段だといえるでしょう。

 

 

 

愛車の価値が下がる前に

一括査定でチェック

お試し査定もOK!

 

トップへ戻る