【2018年】オーリスの買取査定相場と市場での位置づけ

【2018年】トヨタ オーリスの買取査定相場と市場での位置づけ

 

 

現在のオーリスの買取価格の相場は、13.9万円〜209.8万円

 

 

 

トヨタ オーリスの買取相場一覧

 

トヨタ オーリスの買取査定の事例を一覧にまとめました。

 

査定時期 年式 車名・グレード・走行距離 査定額
2016年4月 2013年(平成25年) 150X / 1.8万km 1,007,000円
2016年3月 2007年(平成19年) 180G Sパッケージ / 7.4万km 290,000円
2016年2月 2012年(平成24年) RS Sパッケージ / 2.0万km 811,000円
2016年1月 2007年(平成19年) ベースグレード / 6.9万km 288,000円
2016年1月 2010年(平成22年) 150X Mパッケージ / 2.6万km 705,000円
2015年12月 2012年(平成24年) 150X Sパッケージ / 5.9万km 877,000円
2015年11月 2011年(平成23年) RS / 7.5万km 530,000円
2015年10月 2013年(平成25年) 180G Sパッケージ / 1.3万km 1,391,000円

 

 

 

トヨタ オーリスの特徴・買取市場での位置づけ

 

    

 

 

カローラのハッチバック・ショートワゴン系の後継車ということで、スプリンター→アレックスのあとを継ぐ形となった5ドアハッチバックモデル。

 

 

VWゴルフやBMW1シリーズがいるヨーロッパのCセグメント市場に本格参入するために開発されました。

 

 

2006年登場の初代・NZE/ZRE15#H型は、フロントデザインがヴィッツ似で「大きなヴィッツ」と揶揄されもしましたが・・・。

 

 

ただサイドビューは伸びのあるルーフラインを持っていて、アルミホイールやリアコンビネーションランプのデザインはスポーティなもので、きっちりと差別化は成されていました。

 

 

また印象的だったのがインテリアで、センタークラスターからセンターコンソールまでが宙に浮くデザインを採用し、なかなか個性的です。

 

 

2012年発表の2代目ではデザインが一新され、これ以降のトヨタの新たなデザイン表現「キーンルック」をフロントマスクに、台形アッパーグリル「アンダープライオリティ」を組み合わせたものとなりました。

 

 

 

 

注目は2015年に追加設定された1.2Lダウンサイジングターボを積む“120T”。

 

 

今後、同社のコンパクトカーのメインエンジンのひとつとなるもので、実際に走らせてみると1.8LモデルやRSグレードよりも確実に速いのがわかります。

 

 

低速域からトルクフルで最近の直噴ターボらしくレスポンスがよく、スタートダッシュが速い。

 

 

このエンジン、MTが組み合わされないのが残念ですが、実はCVTとの相性が抜群でターボラグも感じないため、滑らかな走りを味わえます。

 

 

トヨタ オーリスの買取査定額アップポイント

オーリスのリセールバリューは “中” というところ。

 

 

高く売れるかどうかのカギは、実際のところ走行距離が多いか少ないか次第ですね。

 

愛車の価値が下がる前に

一括査定でチェック

お試し査定もOK!

 

トップへ戻る