【2018年】ラウムの買取査定相場と市場での位置づけ

【2018年】トヨタ ラウムの買取査定相場と市場での位置づけ

 

 

現在のラウムの買取価格の相場は、4.7万円〜66.7万円

 

 

 

トヨタ ラウムの買取相場一覧

 

トヨタ ラウムの買取査定の事例を一覧にまとめました。

 

査定時期 年式 車名・グレード・走行距離 査定額
2016年4月 2005年(平成17年) Cパッケージ / 4.2万km 133,000円
2016年4月 2004年(平成16年) Gパッケージ / 8.7万km 27,000円
2016年4月 1998年(平成10年) ベースグレード / 16.6万km 15,000円
2016年3月 2006年(平成18年) Gパッケージ / 5.2万km 126,000円
2016年3月 2009年(平成21年) ベースグレード / 11.8万km 67,000円
2016年3月 1999年(平成11年) Sパッケージ / 12.4万km 38,000円
2016年3月 2004年(平成16年) Cパッケージ / 6.5万km 20,000円
2016年2月 2011年(平成23年) スマイルエディション 4WD / 7.0万km 185,000円
2016年2月 2001年(平成13年) セパレートデッキ Cパッケージ / 8.9万km 36,000円
2016年2月 2003年(平成15年) Gパッケージ 4WD / 9.7万km 92,000円
2016年1月 1999年(平成11年) ペア・ベンチ Gパッケージ / 不明km 15,000円
2015年12月 1997年(平成9年) Gパッケージ / 7.8万km 5,000円

 

 

 

トヨタ ラウムの特徴・買取市場での位置づけ

 

 

 

使いやすさを追求して作られた、背の高いコンパクトハッチバック。

 

 

ドイツ語で「部屋」を意味するラウムは、スペース効率のいいやや丸みを帯びたスクエアボディに、このクラスとしては異例のリアスライドドアを装備。

 

 

助手席側スライドドアはセンターピラーレスのパノラマオープンドアとなっていて、大きく開くため開放感もあり、乗り降りに時間がかかりがちな子供や高齢者にも適した造りです。

 

 

リアシートは左右独立のダブルフォールディングが可能なので、シートアレンジ次第でたくさんの荷物を積むこともできます。

 

 

またデザインも親しみやすく、ミニバンほどのサイズは必要ないという場合には、使い勝手を含めて家族使用に最適なクルマです。

 

 

メカスペックとしては、1.5Lエンジンに4速ATという、同社のコンパクトカーの標準的な組み合わせ。

 

 

馬力は109psと平均的ながら、トルクとパワーのバランスに優れていることから、快適な運転を楽しむことができます。

 

 

 

 

1997年から販売が始まったロングライフモデルでしたが、2011年10月に販売を終了。

 

 

商品展開の見直しや、減税対象車ではなかったことが廃盤の理由となったようです。

 

 

2012年7月には事実上の後継モデルとしてスペイドが登場しています。

 

 

トヨタ ラウムの買取査定額アップポイント

クセのないデザインと利便性に惹かれる消費者はいまだに多く、中古人気も悪くありません。

 

 

買取額の数千円〜数万円の上乗せを狙うなら、複数の見積もり業者にアプローチしたいですね。

 

 

 

愛車の価値が下がる前に

一括査定でチェック

お試し査定もOK!

 

トップへ戻る