【2018年】サクシード/プロボックスの買取査定相場と市場での位置づけ

【2018年】サクシード/プロボックスの買取査定相場と市場での位置づけ

 

 

現在のの買取価格の相場は、6.2万円〜84.4万円

 

 

 

トヨタ サクシード/プロボックスの買取相場一覧

 

トヨタ サクシード/プロボックスの買取査定の事例を一覧にまとめました。

 

査定時期 年式 車名・グレード・走行距離 査定額
2016年4月 2012年(平成24年) サクシードバン UL / 1.3万km 873,000円
2016年4月 2005年(平成17年) プロボックスバン GL / 9.8万km 56,000円
2016年3月 2014年(平成26年) サクシードバン U / 2.0万km 480,000円
2016年3月 2014年(平成26年) サクシードバン TX / 1.6万km 910,000円
2016年3月 2011年(平成23年) サクシードバン UL Xパッケージ / 3.9万km 886,000円
2016年3月 2007年(平成19年) プロボックスバン DX コンフォートパッケージ / 15.3万km 21,000円
2016年2月 2007年(平成19年) サクシードバン (ベースグレード) / 11.4万km 55,000円
2016年2月 2006年(平成18年) サクシードバン UL / 2.9万km 162,000円
2016年2月 2012年(平成24年) プロボックスバン DX コンフォートパッケージ / 3.1万km 229,000円
2016年1月 2008年(平成20年) プロボックスバン GL / 11.0万km 109,000円
2016年1月 2008年(平成20年) プロボックスバン 1500DX / 3.5万km 131,000円
2015年12月 2004年(平成16年) プロボックスバン (ベースグレード) / 21.4万km 135,000円

 

 

 

トヨタ サクシード/プロボックスの特徴・買取市場での位置づけ

 

    

 

 

2002年にカローラ/スプリンターバンの後継モデルとしてデビュー。

 

 

多目的に使える荷室や高い経済性など、コストパフォーマンスが高く質実剛健な造りが特徴。

 

 

商用ライトバンとして多くのユーザーに支持されてます。

 

 

四角いボディは居住性・積載性ともに良好で、まさにビジネスユースを考え抜かれた、いさぎの良さが光ります。

 

 

かつてはプロボックスはワゴンとバン、サクシードはワゴンのみというラインナップでしたが、実質的に4ナンバーのバンがメインに受注・生産していたため、ステーションワゴンタイプは廃盤になりました。

 

 

また2014年のマイナーチェンジで多くの部分が共通化され、現モデルでの両車の主な違いは1.3Lエンジンモデルがあるかないか程度となっています。

 

 

現行型では、商用車・営業車の定番だったマニュアルトランスミッションの設定もなくなりCVTのみに。

 

 

これにより燃費性能が向上し、エコカー減税の対象となっています。

 

 

  

 

 

実際に街中を走っているこの車のボディカラーといえば、白・シルバー・黒がほとんどでした。

 

 

そこへ新しい車体色として、ライトグリーンメタリック、ボルドーマイカメタリックというビビッドな新色が追加されています。

 

 

実用性は充分なので、自家用車として使い倒してもいいかもしれませんね。

 

 

サクシード/プロボックスの買取査定額アップポイント

その用途から走行距離が伸びがちな一台だけに、少走行の個体にはそれなりに条件の良い査定額が出ているようです。

 

 

トヨタに下取りに出すよりも、買取専門店の見積もり額の方がよかったというケースも多々あるみたいですよ。

 

 

 

愛車の価値が下がる前に

一括査定でチェック

お試し査定もOK!

 

トップへ戻る