【2018年】RAV4の買取査定相場と市場での位置づけ

【2018年】RAV4の買取査定相場と市場での位置づけ

 

 

現在のの買取価格の相場は、9.5万円〜166.6万円

 

 

 

トヨタ RAV4の買取相場一覧

 

トヨタ RAV4の買取査定の事例を一覧にまとめました。

 

査定時期 年式 車名・グレード・走行距離 査定額
2016年4月 2009年(平成21年) スポーツ / 5.9万km 684,000円
2016年3月 2011年(平成23年) スタイル / 4.0万km 690,000円
2016年3月 2005年(平成17年) X Gパッケージ / 10.9万km 177,000円
2016年2月 2006年(平成18年) G 4WD / 9.3万km 550,000円
2016年2月 2008年(平成20年) X / 7.6万km 562,000円
2016年1月 1995年(平成7年) V / 12.5万km 34,000円
2016年1月 1999年(平成11年) V タイプG / 8.7万km 50,000円
2015年12月 2014年(平成16年) スタイル / 0.9万km 1,953,000円

 

 

 

トヨタ RAV4の特徴・買取市場での位置づけ

 

    

 

 

現在のコンパクトSUVブームの礎を作った初代RAV4の誕生は1994年。

 

 

可愛らしさもあったスタイリングと魅力的なパッケージで、日本国内だけでなく世界中でヒットとなりました。

 

 

パジェロ、ランクルといった大型本格派オフローダーや、軽SUVのジムニーなどが主流だったSUV市場に、颯爽と現れたニューモデルにみんな注目したものです。

 

 

SMAPの木村拓哉さんをキャラクターにしたCMも、オシャレ感満載で話題を呼びました。

 

 

それから時は過ぎ、2005年に登場した現行型は3代目となり、すべてのコンポーネンツを一新。

 

 

ボディサイズを拡大し、ワールドスタンダードの本格的なSUVへと変身しています。

 

 

 

 

初代モデルにあった3ドアは廃止され、ボディは5ドアに統一。

 

 

搭載されるエンジンは最高出力170psを発生する2.4L直4で、マニュアルモードの付いた7速スポーツシーケンシャルシフトマチックが組み合わされます。

 

 

駆動システムはアクティブコントロール4WDを採用し、VSC(車両安定制御システム)などの電子デバイスと強調することで安定性を確保する設定です。

 

 

モデルチェンジから10年以上経ちモデル末期を迎えていることから、グレードは整理されて現在は「スタイル」のみが選択肢となっています。

 

 

北米市場では新型が登場してからかなり経っていますが、国内導入の情報はまだ流れてきていません。

 

 

新型が、すでに日本で発売されているハリアーのベース車両だということも足かせになっているのかもしれませんね。

 

トヨタ RAV4の買取査定額アップポイント

現在の中古市場でも、そこそこの人気は保っている一台ですが、同クラスに似たコンセプトのクルマが増えたこともあり買取相場は渋めです。

 

 

「業者ごとの買取価格の差があまりない」と言われる国産車ですが、一括査定サイトを試してみると、そんなこともないという事実がわかります。

 

 

 

愛車の価値が下がる前に

一括査定でチェック

お試し査定もOK!

 

トップへ戻る