【2018年】アベンシスの買取査定相場と市場での位置づけ

【2018年】アベンシスの買取査定相場と市場での位置づけ

 

 

現在のアベンシスの買取価格の相場は、5.4万円〜158.7万円

 

 

 

トヨタ アベンシスの買取相場一覧

 

トヨタ アベンシスの買取査定の事例を一覧にまとめました。

 

査定時期 年式 車名・グレード・走行距離 査定額
2016年4月 2007年(平成19年) ワゴン Xi / 9.7万km 46,000円
2016年3月 2006年(平成18年) ワゴン Li / 5.1万km 205,000円
2016年3月 2004年(平成16年) セダン ベースグレード / 15.5万km 28,000円
2016年2月 2004年(平成16年) セダン Liスポーツパッケージ / 11.2万km 25,000円
2016年2月 2014年(平成26年) ワゴン Li / 0.9万km 1,285,000円
2015年12月 2003年(平成15年) ワゴン ベースグレード / 10.7万km 44,000円

 

 

 

トヨタ アベンシスの特徴・買取市場での位置づけ

 

    

 

 

イギリス中部にあるトヨタの現地法人TMUKのバーナストン工場で生産され、日本へは“輸入”されている世界戦略車。

 

 

かつてはセダンも輸入されていましたが、今では導入されるのはステーションワゴンのみとなっています。

 

 

ヨーロッパ車らしい車体剛性感と、デッキサイドボードやカーゴフックを装備した質感のいいラゲッジルームが魅力の一台です。

 

 

2015年10月のマイナーチェンジでは新しいトヨタ顔“キーンルック”を採用し、ヘッドライトにはBi-Beam LEDヘッドランプを装備するなど外装を変更。

 

 

そしてレーザーレーダーと単眼カメラを組み合わせた衝突回避支援パッケージの「トヨタセーフティセンスC」が全車標準装備になるなど、安全装備の充実も図られています。

 

 

 

 

現在の同社のラインナップには意外と存在しない“ミドル〜ラージクラスの定番的ステーションワゴン”の役割を担っているアベンシス。

 

 

そのため改良を繰り返しつつ生産してはいますが、現行型のT270型も2009年のデビューからかなり経過しています。

 

 

やはり基本設計の部分で古さが見え隠れしていることからも、モデル末期を迎えているとは言えるでしょう。

 

 

トヨタ アベンシスの買取査定額アップポイント

知名度が低いぶん、新車販売が振るわないせいか中古車の玉数も少なめな車種です。

 

 

ただし、そのレアさが良というユーザーは少なからずいますし、あらゆる面で平均点以上のクルマではあります。

 

 

安値で売ってしまわないためには、売り先をしっかりと吟味することが重要です。

 

 

 

愛車の価値が下がる前に

一括査定でチェック

お試し査定もOK!

 

トップへ戻る