【2018年】アリオンの買取査定相場と市場での位置づけ

【2018年】トヨタ アリオンの買取査定相場と市場での位置づけ

 

 

現在のアリオンの買取価格の相場は、6.8万円〜148.8万円

 

 

 

トヨタ アリオンの買取相場一覧

 

トヨタ アリオンの買取査定の事例を一覧にまとめました。

 

査定時期 年式 車名・グレード・走行距離 査定額
2016年4月 2009年(平成21年) A15 Gパッケージ スペシャルエディション / 1.5万km 590,000円
2016年4月 2009年(平成21年) A15 Gパッケージ スタイリッシュエディション / 3.2万km 488,000円
2016年3月 2002年(平成14年) ベースグレード / 8.0万km 48,000円
2016年3月 2012年(平成24年) A15 / 2.7万km 612,000円
2016年2月 2005年(平成17年) A15 スタンダードパッケージ / 16.4万km 30,000円
2016年2月 2014年(平成26年) A18 Gプラスパッケージ / 1.7万km 1,095,000円
2016年1月 2008年(平成20年) A20 / 3.0万km 355,000円
2015年12月 2004年(平成16年) A18 Sパッケージ / 18.2万km 12,000円
2015年10月 2006年(平成18年) A15 / 9.6万km 59,000円
2015年9月 2011年(平成23年) A15 Gパッケージ リミテッド / 2.4万km 766,000円
2015年9月 2011年(平成23年) A18 Gパッケージ リミテッド パワーシート エディション / 2.9万km 809,000円
2015年8月 2006年(平成18年) A15 Gパッケージ 60thスペシャルエディション / 9.2万km 37,000円

 

 

 

トヨタ アリオンの特徴・買取市場での位置づけ

 

    

 

 

兄弟車のプレミオが上質感と高級感を表現したデザインなのに対して、スポーティさを強調して差別化しているのがアリオンです。

 

 

カリーナの後継車種として2001年にデビュー。

 

 

2007年6月登場の2代目になってもキープコンセプトを貫き、5ナンバーサイズの合理的なファミリーセダンとして安定した人気を誇っています。

 

 

現在でも、何気にクラストップレベルの販売台数を確保していることをお伝えしておきましょう。

 

 

セダンでありながら、リアシートに7段階のリクライニング機構やダブルフォールディング機構を持つなど、プレミオ同様に使い勝手の良さが売りです。

 

 

モデルチェンジで、より引き締まった顔つきになっていることから、ディーラーオプションで用意されているエアロパーツやローダウンスプリングなどを組み合わせれば、若者向けの一台にもなることでしょう。

 

 

また2Lエンジンを積む“A20”はなかなかのパワフルさがあり、小柄な軽量・高剛性ボディとも相まって、一般道でも高速道路でもストレスなく走らせることができます。

 

 

2014年9月の一部改良では、1.5L車にアイドリングストップ機構、全車にS-VSCとヒルスタートアシストコントロールを標準装備するなど、モデル末期ながら商品力をキープするための改善は怠っていません。

 

 

トヨタ アリオンの買取査定額アップポイント

買取相場は下降傾向にあるものの、それなりの価格で売りやすい一台です。

 

 

とりあえず見積もりを取ってみたけど、もう一声が欲しいという場合には、無料の「中古車一括査定サービス」が頼りになることでしょう。

 

愛車の価値が下がる前に

一括査定でチェック

お試し査定もOK!

 

トップへ戻る