【2018年】エスティマの買取査定相場と市場での位置づけ

【2018年】エスティマの買取査定相場と市場での位置づけ

 

 

現在のエスティマの買取価格の相場は、0.5万円〜247.6万円

 

 

 

トヨタ エスティマの買取相場一覧

 

トヨタ エスティマの買取査定の事例を一覧にまとめました。

 

査定時期 年式 車名・グレード・走行距離 査定額
2016年4月 2008年(平成20年) アエラス Gエディション / 3.4万km 1,157,000円
2016年4月 2005年(平成17年) アエラス プレミアム ナビスペシャル / 8.1万km 194,000円
2016年4月 2000年(平成12年) Xリミテッド / 9.0万km 24,000円
2016年4月 2009年(平成21年) ハイブリッド G / 13.1万km 416,000円
2016年3月 2007年(平成19年) X / 3.2万km 669,000円
2016年3月 2003年(平成15年) アエラス S / 7.0万km 263,000円
2016年3月 2002年(平成14年) アエラス Sエディション ナビスペシャル / 16.8万km 47,000円
2016年3月 2002年(平成14年) ハイブリッド (ベースグレード) / 19.9万km 23,000円
2016年3月 2003年(平成15年) ハイブリッド G セレクション / 6.6万km 220,000円
2016年2月 2006年(平成18年) アエラス Sパッケージ / 12.1万km 449,000円
2016年2月 2006年(平成18年) X 4WD / 5.8万km 490,000円
2016年2月 2001年(平成13年) ベースグレード / 14.6万km 138,000円
2016年2月 2011年(平成23年) アエラス 20thアニバーサリーエディション / 5.3万km 1,552,000円
2016年2月 2006年(平成18年) ハイブリッド G / 7.6万km 1,192,000円
2016年1月 2002年(平成14年) G 2MR / 8.0万km 35,000円
2016年1月 2004年(平成16年) アエラス プレミアム / 5.5万km 351,000円
2016年1月 1999年(平成11年) V エクストラエディション / 7.2万km 26,000円
2016年1月 2008年(平成20年) アエラス エアロツアラー / 5.8万km 1,330,000円
2016年1月 2012年(平成24年) ハイブリッド X 7人乗り 4WD / 3.6万km 2,077,000円
2015年12月 2009年(平成21年) アエラス 4WD / 2.2万km 1,294,000円
2015年12月 2007年(平成19年) アエラス Gエディション / 9.9万km 705,000円
2015年12月 2009年(平成21年) ベースグレード / 4.0万km 1,512,000円
2015年12月 2012年(平成24年) ハイブリッド アエラス 7人乗り 4WD / 1.7万km 2,995,000円
2015年11月 2013年(平成25年) アエラス プレミアム エディション / 2.5万km 1,698,000円
2015年11月 2009年(平成21年) アエラス レザーパッケージ 4WD / 4.7万km 1,100,000円
2015年11月 2010年(平成22年) ハイブリッド G レザーパッケージ キャプテンシート / 3.9万km 2,086,000円
2015年10月 1998年(平成10年) G ツインムーンルーフ / 12.9万km 53,000円

 

 

 

トヨタ エスティマの特徴・買取市場での位置づけ

 

    

 

 

伝統的に生活臭を感じない近未来的なスタイルが特徴の3ナンバードライバーズミニバン。

 

 

外見のスタイリングはもとより、スタイリッシュかつ使いやすいインパネを含むインテリアデザイン、また先進装備を満載していることもこのクルマの大きな魅力です。

 

 

1990年発表の初代モデルは「天才タマゴ」というキャッチコピーのもとに、商用グレードを持たない新時代のMPV(マルチパーパスビークル)として登場。

 

 

それ以降、20年以上に渡ってトヨタの屋台骨を支え、ミニバンらしからぬハンドリングの良さ、期待以上の実用性の高さなどから、手放さないオーナーが多いクルマとしても有名です。

 

 

20数年間でフルモデルチェンジはわずかに2回。

 

 

2006年登場の現行型・3代目も、その独自性と度重なるアップグレードのみで“変わる必要がない”ことから、すでに10年選手となりました。

 

 

乗ってみると驚くのが2列目席の抜群の快適性です。

 

 

サードシートを格納してセカンドシートを目一杯スライドさせると、800mmの足元スペースがプラスされ、まるでリビングに居るようなゆとり空間を味わうことができます。

 

 

 

 

女性誌VERYとのコラボレーションで誕生した特別仕様車「2.4アエラス“VERY Edition”」にも注目。

 

 

黒いボディカラーにベージュのレザーシート(合成皮革)の組み合わせはシックで、大人の女性にふさわしいイメージ。

 

 

また専用装備として「UVカットガラス」や、イオン発生機能「ナノイー」「快適温熱シート」「リヤオートエアコン」など、女性が車内で快適に過ごせる装備が満載となっています。

 

 

トヨタ エスティマの買取査定額アップポイント

根強い人気を誇るものの、モデルサイクルが長いことから新車の値引きは拡大中。

 

 

その影響で、中古車の相場も下がり気味ではあります。

 

 

数年以内に車種自体が消滅する・・・という話もあることから、今後も買取相場の上昇は見込めないだろう、というのが実際のところです。

 

愛車の価値が下がる前に

一括査定でチェック

お試し査定もOK!

 

トップへ戻る