【2018年】ヴィッツの買取査定相場と市場での位置づけ

【2018年】ヴィッツの買取査定相場と市場での位置づけ

 

 

現在のヴィッツの買取価格の相場は、2.0万円〜137.9万円

 

 

 

トヨタ ヴィッツの買取相場一覧

 

トヨタ ヴィッツの買取査定の事例を一覧にまとめました。

 

査定時期 年式 車名・グレード・走行距離 査定額
2016年4月 2011年(平成23年) F / 9.3万km 187,000円
2016年4月 2010年(平成22年) B Sエディション / 3.6万km 98,000円
2016年4月 2003年(平成15年) U Lパッケージ / 5.9万km 154,000円
2016年4月 2000年(平成12年) TRD-MSB / 12.1万km 36,000円
2016年4月 2005年(平成17年) RS / 13.4万km 88,000円
2016年3月 2006年(平成18年) アイル / 8.9万km 23,000円
2016年3月 2008年(平成20年) F リミテッド / 10.7万km 57,000円
2016年3月 2001年(平成13年) F Dパッケージ / 7.7万km 11,000円
2016年3月 2007年(平成19年) F / 2.5万km 120,000円
2016年2月 2004年(平成16年) F Lパッケージ スポーティエディション / 12.8万km 35,000円
2016年2月 2003年(平成15年) RS TRDターボM / 9.1万km 70,000円
2016年2月 2002年(平成14年) F Dパック ビューティフルセレクション / 14.4万km 24,000円
2016年2月 2013年(平成25年) F スマートストップパッケージ / 4.6万km 432,000円
2016年1月 2004年(平成16年) ベースグレード / 15.3万km 8,000円
2016年1月 2009年(平成21年) U / 8.2万km 86,000円
2016年1月 2013年(平成25年) F ウェルキャブ助手席リフトアップシート車 Aタイプ / 2.9万km 620,000円
2016年1月 2006年(平成18年) F アドバンスドエディション / 6.7万km 105,000円
2016年1月 2010年(平成22年) F リミテッド2 / 5.4万km 303,000円
2016年1月 2007年(平成19年) ベースグレード 4WD / 6.6万km 58,000円
2015年12月 2006年(平成18年) F クリームコレクション / 5.0万km 37,000円
2015年12月 2007年(平成19年) F Lパッケージ ラベンダーエディション / 7.5万km 87,000円
2015年12月 2011年(平成23年) ジュエラ / 2.8万km 516,000円
2015年11月 2001年(平成13年) クラヴィア / 3.5万km 28,000円
2015年11月 2012年(平成24年) F / 3.4万km 580,000円
2015年11月 2000年(平成12年) U ユーロスポーツエディション / 11.1万km 5,000円
2015年11月 2009年(平成21年) RS TRDレーシング / 6.4万km 506,000円
2015年10月 2005年(平成17年) X / 17.6万km 13,000円
2015年10月 2002年(平成14年) ペアスタイル / 13.9万km 7,000円
2015年9月 2010年(平成22年) F Mパッケージ / 5.5万km 153,000円
2015年9月 2000年(平成12年) RS Dパッケージ / 8.9万km 10,000円
2015年8月 2008年(平成20年) F インテリジェントパッケージ / 5.4万km 112,000円

 

 

 

トヨタ ヴィッツの特徴・買取市場での位置づけ

 

    

 

 

トヨタのコンパクトカーの中核モデルで、このクルマのプラットフォームからさまざまな派生車種が登場しています。

 

 

1999年誕生の初代は、その当時、同社が得意としていなかった欧州マーケットをターゲットに開発された世界戦略車でした。

 

 

ヨーロッパでの販売名は「ヤリス」。

 

 

海外向けということで、当時としては個性の強いエクステリアであり、合理性と優秀な走行性能も兼ね備えていたことから、日本市場でもデビューした途端またたくまにヒットモデルに。

 

 

2010年12月に発表された3代目モデルは、1.3Lエンジンを主軸にするなどキープコンセプトながら、精悍な顔つきになってイメージを変化させています。

 

 

バランスのとれた性能は相変わらずで、コンパクトカーに必要な広さ・利便性・快適性はどれもハイレベル。

 

 

2016年6月の一部改良では、同社の最新の安全技術「トヨタセーフティセンスC」を一部グレードを除いて標準装備するなど、着実なアップグレードも進んでいます。

 

 

1.5Lエンジンはパワフルなものの、1.3Lの1NR-FKEエンジンでも車重の軽いFFモデルならば動力性能に問題なし。

 

 

燃費が良く、普段の足に使うのにぴったりな、ひとつの完成された小型車用エンジンだといえるでしょう。

 

 

 

 

ボディカラーは全10色、内装色には新開発のクリスプアイボリーを設定するなど豊富なカラーバリエーションを誇っています。

 

 

トヨタ ヴィッツの買取査定額アップポイント

新車の販売台数は頭打ちながら、根強い人気に支えられて再販価値は国産車の最高レベルにあります。

 

 

車検や新生活のスタートを機に乗り換えを考えても、期待以下の査定額にはなりにくい一台です。

 

 

 

愛車の価値が下がる前に

一括査定でチェック

お試し査定もOK!

 

トップへ戻る