【2018年】ヴァンガードの買取査定相場と市場での位置づけ

【2018年】トヨタ ヴァンガードの買取査定相場と市場での位置づけ

 

 

現在のの買取価格の相場は、41.2万円〜180.6万円

 

 

 

トヨタ ヴァンガードの買取相場一覧

 

トヨタ ヴァンガードの買取査定の事例を一覧にまとめました。

 

査定時期 年式 車名・グレード・走行距離 査定額
2016年4月 2013年(平成25年) 240S / 1.8万km 986,000円
2016年4月 2010年(平成22年) 240S 4WD 7人乗り / 6.0万km 1,084,000円
2016年3月 2012年(平成24年) 240S Sパッケージ アルカンターラリミテッド / 4.8万km 1,335,000円
2016年3月 2011年(平成23年) 240S Sパッケージ / 6.2万km 1,219,000円
2016年3月 2007年(平成19年) 350S Gパッケージ 5人乗り / 8.9万km 320,000円
2016年2月 2009年(平成21年) 350S 4WD / 4.6万km 925,000円
2016年2月 2013年(平成25年) 240S Gパッケージ / 2.2万km 1,681,000円
2015年12月 2008年(平成20年) 240S / 7.1万km 957,000円

 

 

 

トヨタ ヴァンガードの特徴・買取市場での位置づけ

 

 

 

ミディアムサイズの高級SUVとして、2007年8月に登場したクルーガーの後継モデル。

 

 

ただしベース車はRAV4で、全長で235m、ホイールベースは100mm延長されています。

 

 

フロントフェイスこそ精悍な専用のものが用意されていましたが、後ろ姿はRAV4そのものといった感じはあります。

 

 

ハリアーよりも短いボディながら、2列シートの5人乗りと3列シートの7人乗りが用意されていて、サードシートは緊急用的な存在ではあるもののミニバン的な使い方もできる一台です。

 

 

伊原剛志さんをイメージキャラクターに据えたテレビCMでは「タフ&ジェントル 7シーター」を広告コピーに、クロスオーバーらしい力強さと、質・機能・装備の面での洗練性をアピールしていました。

 

 

 

 

シティタイプSUVにしては珍しく2WDモデルがなく4WDのみの設定。

 

 

S-VSC(横滑り防止装置)とアクティブトルクコントロール4WDを全車に標準装備していることからも、安全性という“質”の部分にも手を抜いていない印象です。

 

 

非常にパワフルな3.5Lエンジンも用意されていますが、日常使いには2.4Lでも不満なく、経済性にも優れています。

 

 

実際に販売面でもV6 3.5Lは振るわなかったのか、2012年にはラインアップ落ちしています。

 

 

このクラスの車としては上々とも言える平均月販台数1,800台を維持していたものの、2013年11月をもって生産終了。

 

 

SUVブームに乗って、似た車を出し続けたための車種整理といったところでしょう。

 

 

トヨタ ヴァンガードの買取査定額アップポイント

スタイルも良く利便性も高い車種なため、再販価値は高レベルを維持中。

 

 

ただし今後は間違いなく下がっていくため、売ると決めた瞬間が売却のベストなタイミングだと心得ましょう。

 

 

 

愛車の価値が下がる前に

一括査定でチェック

お試し査定もOK!

 

トップへ戻る