【2018年】カローラの買取査定相場と市場での位置づけ

【2018年】カローラの買取査定相場と市場での位置づけ

 

 

現在のカローラの買取価格の相場は、13.3万円〜74.1万円

 

 

 

トヨタ カローラの買取相場一覧

 

トヨタ カローラの買取査定の事例を一覧にまとめました。

 

査定時期 年式 車名・グレード・走行距離 査定額
2016年4月 2009年(平成21年) アクシオ G / 2.4万km 551,000円
2016年4月 2001年(平成13年) G / 5.6万km 18,000円
2016年4月 1998年(平成10年) GT / 12.4万km 80,000円
2016年4月 1997年(平成9年) トランスX / 8.0万km 8,000円
2016年4月 2000年(平成12年) XEサルーンリミテッド / 7.2万km 94,000円
2016年3月 2014年(平成26年) アクシオ 1.5 G / 1.7万km 866,000円
2016年3月 2004年(平成16年) G Lパッケージ / 3.8万km 251,000円
2016年3月 1995年(平成7年) ベースグレード / 19.4万km 10,000円
2016年3月 2005年(平成17年) X HIDリミテッド / 7.7万km 152,000円
2016年3月 2002年(平成14年) Gリミテッド ナビエディション / 7.3万km 46,000円
2016年2月 2008年(平成20年) アクシオ G シンプレア / 5.0万km 457,000円
2016年2月 2006年(平成18年) アクシオ ラグゼール / 4.3万km 190,000円
2016年2月 1993年(平成5年) LXリミテッド / 2.2万km 30,000円
2016年2月 2000年(平成12年) X 4WD / 6.8万km 37,000円
2016年2月 1994年(平成6年) SEリミテッドサルーン / 10.5万km 0円
2016年2月 2002年(平成14年) ラグゼール / 5.9万km 5,000円
2016年2月 1998年(平成10年) SEサルーン Lセレクション / 14.4万km 11,000円
2016年1月 2007年(平成19年) アクシオ X / 11.6万km 184,000円
2016年1月 1991年(平成3年) 1500スーパーリミテッド / 8.3万km 0円
2016年1月 1995年(平成7年) DX / 7.8万km 8,000円
2016年1月 1995年(平成7年) カローラIIウィンディ / 9.0万km 14,000円

 

 

 

トヨタ カローラの特徴・買取市場での位置づけ

 

    

 

 

世界の足として140ヵ国以上で愛されるトヨタの量産グレード車。

 

 

日本の自動車業界の発展とともに歩んできたクルマで、国産車のベンチマークと言ってもいい存在でもあります。

 

 

誕生40周年を迎えた2006年10月にデビューした10代目にはアクシオのサブネームが与えられました。

 

 

それでも基本構成はカローラらしく、ボディサイズは5ナンバー枠をきっちり守り、扱いやすさと居住性を高次元でバランスさせています。

 

 

そして2012年からの現行型・11代目では、ついにハイブリッド搭載車が登場。

 

 

これは同社のプリウスアクアなどの勢いに押され気味になっていたためです。

 

 

また従来の平凡とも取れるフロントマスクを一新し、一転スポーティなデザインをフィールダーとともに採用。

 

 

ヨーロッパを含めて展開しているキーンルックと呼ばれているもので、横長のコンパクトでシャープなヘッドライトに、大口径のロアグリルを組み合わせているのが特徴となっています。

 

 

合わせて1.5Lエンジンがアトキンソンサイクルに変更されたものの、これは微妙な選択に。

 

 

燃費は向上したものの、低回転域のトルクがやや細く、スタートダッシュが遅い傾向があります。

 

 

その特性から、ステアリングの手応えが希薄になるのも気になるところです。

 

 

一方で、プリクラッシュセーフティをはじめとした衝突回避支援パッケージ「トヨタセーフティC」を搭載するなどして、最新鋭技術満載のハイテクセダンに仕立てているところには同社の意地が見えると言っていいでしょう。

 

 

 

 

トヨタ カローラの買取査定額アップポイント

歴代モデルもそうでしたが、新型モデルは常に高レベルの再販価値を長らく維持するモデルです。

 

 

いつが売り時という見極めは、モデルチェンジ前、マイナーチェンジ前というタイミングで判断すると良いでしょう。

 

愛車の価値が下がる前に

一括査定でチェック

お試し査定もOK!

 

トップへ戻る