【2018年】カローラフィールダーの買取査定相場と市場での位置づけ

【2018年】カローラフィールダーの買取査定相場と市場での位置づけ

 

 

現在のカローラフィールダーの買取価格の相場は、5.4万円〜167.8万円

 

 

 

トヨタ カローラフィールダーの買取相場一覧

 

トヨタ カローラフィールダーの買取査定の事例を一覧にまとめました。

 

査定時期 年式 車名・グレード・走行距離 査定額
2016年4月 2009年(平成21年) X Gエディション / 4.9万km 440,000円
2016年4月 2012年(平成24年) 1.5X / 5.2万km 603,000円
2016年4月 2014年(平成26年) 1.5G エアロツアラー / 1.3万km 1,198,000円
2016年3月 2011年(平成23年) S 202 / 3.3万km 1,156,000円
2016年3月 2010年(平成22年) X 4WD / 9.5万km 471,000円
2016年3月 2005年(平成17年) Z TRDスポーツM / 8.1万km 202,000円
2016年3月 2014年(平成26年) ハイブリッド G エアロツアラー / 1.2万km 1,380,000円
2016年2月 2001年(平成13年) ベースグレード / 18.6万km 27,000円
2016年2月 2005年(平成17年) X HIDスポーツセレクション / 7.4万km 63,000円
2016年2月 2002年(平成14年) S / 13.0万km 12,000円
2016年2月 2014年(平成26年) ハイブリッド / 0.9万km 1,559,000円
2016年2月 2015年(平成27年) 1.5G W×B ダブルバイビー / 0.9万km 1,513,000円
2016年1月 2008年(平成20年) X スペシャルエディション / 7.8万km 48,000円
2016年1月 2010年(平成22年) X HIDリミテッド / 3.7万km 648,000円
2016年1月 2007年(平成19年) X Gエディション / 10.1万km 166,000円
2015年12月 2012年(平成24年) 1.8S エアロツアラー / 3.7万km 1.182,000円
2015年12月 2014年(平成26年) ハイブリッド G エアロツアラー・ダブルバイビー / 1.6万km 1.700,000円
2015年11月 2010年(平成22年) X HIDエクストラリミテッド / 3.9万km 594,000円
2015年11月 2005年(平成17年) 1.5X HID 40thアニバーサリーリミテッド / 12.7万km 35,000円
2015年10月 2005年(平成17年) 1.8 Z エアロツアラー / 7.8万km 40,000円

 

 

 

トヨタ カローラフィールダーの特徴・買取市場での位置づけ

 

  

 

 

現行モデルは2006年10月に登場したカローラの11世代目。

 

 

ステーションワゴンがフィールダーと呼ばれるようになってからは3代目のモデルになります。

 

 

キビキビとした走りが自慢のスタイリッシュワゴンで、最新型ではヘッドライト形状がシャープになり、より若々しくスポーティな印象です。

 

 

またリアコンビネーションランプが横長になったことで車体のワイド感が強調され、ひとクラス上にも見える風格を備えています。

 

 

セダン同様にハイブリッド仕様が追加され、1.5L、1.8Lと合わせてエンジンラインアップは3種類となっています。

 

 

国民車カローラといえばセダンが代表的だったのが、セダン人気の陰りもあって今では完全に立場が逆転。

 

 

トヨタ自動車の発表するフィールダーの月販目標は、アクシオの倍の台数に設定されているほどです。

 

 

同じハイブリッドモデルでも、この車が同社のアクアプリウスに優っているのが乗り心地の良さです。

 

 

カローラワゴンの時代から熟成が進んでいるぶん、シャシー性能やセッティングの煮詰め具合に違いに出ているということでしょう。

 

 

1.5Lエンジンは余裕十分なわけではないけれど、街乗りなら不満は感じない車格にマッチしたパワーを持っています。

 

 

走り方しだいで燃費25km/Lも可能と言われるHVですが、ガソリンモデルとの価格差が大きいことが購入時のネックとなるはず。

 

 

 

 

このクルマを選ぶときにひとつ注意したいのが、ワゴンにもかかわらず荷室が決して広くないということです。

 

 

後部席を倒さない通常時の容量が407リットル。

 

 

アクシオのトランク容量が461リットルですから、セダンに負けているということになります。

 

 

もちろん高さのある荷物が積めたり、分割可倒式のリアシートを倒せば最大872Lまで拡大できるものの、「4〜5名乗車で荷物もたくさん載せたい」と考えているなら検討の余地ありでしょう。

 

 

カローラフィールダーの買取査定額アップポイント

世界のトヨタの力作だけあり、2015年の予防安全性能評価では最高ランクを獲得済み。

 

 

そしてマイナーチェンジで商品力が高まったこともあり、買取評価は国産車トップレベルです。

 

愛車の価値が下がる前に

一括査定でチェック

お試し査定もOK!

 

トップへ戻る