【2018年】クラウン(ロイヤル系)の買取査定相場と市場での位置づけ

【2018年】クラウン(ロイヤル系)の買取査定相場と市場での位置づけ

 

 

現在のクラウン(ロイヤル系)の買取価格の相場は、4.1万円〜352.2万円

 

このページでは、旧モデルを含めたロイヤル系について紹介しています。

 

 アスリートはこちら

 

 ハイブリッドモデルはこちら

 

 マジェスタはこちら

 

 クラウンエステートはこちら

 

クラウンの最新相場を調べるなら>>ズバット車買取比較

 

 

トヨタ クラウンの買取相場一覧

 

トヨタ クラウンの買取査定の事例を一覧にまとめました。

 

査定時期 年式 車名・グレード・走行距離 査定額
2018年4月 2007年(平成19年) ロイヤルサルーン / 6.1万km 595,000円
2018年4月 2004年(平成16年) ロイヤルサルーン G / 9.0万km 260,000円
2018年3月 2007年(平成19年) ロイヤルサルーン 60thスペシャルエディション / 14.3万km 128,000円
2018年3月 1998年(平成10年) ロイヤルエクストラ / 8.5万km 34,000円
2018年3月 2002年(平成14年) ロイヤルサルーン プレミアム / 15.5万km 51,000円
2018年2月 2004年(平成16年) ロイヤルサルーン i-Four / 10.6万km 147,000円
2018年2月 2001年(平成13年) ロイヤルエクストラ リミテッド / 8.4万km 28,000円
2018年2月 1993年(平成5年) スーパーセレクト / 12.9万km 17,000円
2018年2月 1996年(平成8年) ロイヤルツーリング / 19.3万km 8,000円
2018年1月 2004年(平成16年) ベースグレード / 4.4万km 315,000円
2018年1月 2004年(平成16年) ロイヤルサルーン i-Four Uパッケージ / 13.1万km 380,000円
2018年1月 2002年(平成14年) ロイヤルサルーン プレミアム21 / 9.9万km 37,000円
2018年1月 1999年(平成11年) ロイヤルエクストラ リミテッドアニバーサリー / 5.7万km 50,000円
2017年12月 1996年(平成8年) ロイヤルサルーン ナビパック 全自動助手席回転スライドシート車Aタイプ / 8.2万km 39,000円
2017年12月 2006年(平成18年) ロイヤルエクストラ i-Four Qパッケージ / 7.7万km 657,000円
2017年12月 1979年(昭和54年) スーパーサルーン / 7.4万km 300,000円
2017年11月 1981年(昭和56年) SDX / 6.6万km 210,000円
2017年11月 2000年(平成12年) ベースグレード / 13.9万km 164,000円
2017年10月 2011年(平成23年) ロイヤルサルーン スペシャルパッケージ / 2.7万km 795,000円
2017年10月 2001年(平成13年) スーパーサルーンエクストラ 3ナンバー / 5.4万km 16,000円

 

クラウン(ロイヤル系)の買取最高額を知るには?

クラウンを最高額で売りたい方、買取額の「今の」相場を知りたい方は次のズバット車買取比較の無料査定を利用してみてください。

 

簡単な画面入力のみで、概算の査定額を “すぐに” 確認することができます。

 

ズバット車買取比較でクラウンの最高額を確認する

 

 

 

トヨタ クラウンの特徴・買取市場での位置づけ

 

 

 

その時代ごとの高級車像をトヨタ自動車が形にしてきた、日本を代表する高級セダン。

 

 

1955年に発売された初代から60年以上の歴史を持ち、2012年に登場した現行型は14代目を数えます。

 

 

最新型でもロイヤルシリーズとアスリートシリーズを用意しながらも、ダイナミックなイナズマグリルを採用して若返りを図っています。

 

 

登場当初は、その大胆なデザイン変更によって、既存ユーザーが拒否反応を起こすかと心配されていたようですが、意外にもすんなりと受け入れられて順調に乗り換えが進んでいるようです。

 

 

乗り味は、特にロイヤルサルーンはトヨタらしいソフトなフィーリング。

 

 

ドイツ勢とは異なる、国産高級車ならではの快適移動空間という出来栄えを誇っています。

 

 

2.5Lの4気筒エンジンにモーターを組み合わせたハイブリッド仕様なら、静粛性はさらに優れ、上質な乗り心地を優先するオーナーにはおすすめです。

 

 

Aピラーを細くしたことで、死角が減り視界も拡大。

 

 

センターパネルの2段ディスプレイが特徴的なインテリアは堂々たる風格。

 

 

環境性能と安全性能も同クラストップレベルで、ヨーロッパ勢のライバル車にも決して負けない実力を備えています。

 

 

 

 

トヨタ クラウンの買取査定額アップポイント

フルモデルチェンジから年数は経ったものの、上級セダン部門では以前トップセラーを維持。

 

 

それだけに再販相場も良好な車種です。

 

愛車の価値が下がる前に

一括査定でチェック

お試し査定もOK!

 

トップへ戻る