【2018年】クラウンエステートの買取査定相場と市場での位置づけ

【2018年】クラウンエステートの買取査定相場と市場での位置づけ

 

 

現在のクラウンエステートの買取価格の相場は、9.1万円〜97.8万円

 

クラウンエステートの最新相場を調べるなら>>ズバット車買取比較

 

 

 

トヨタ クラウンエステートの買取相場一覧

 

トヨタ クラウンエステートの買取査定の事例を一覧にまとめました。

 

査定時期 年式 車名・グレード・走行距離 査定額
2016年4月 2006年(平成18年) アスリート FOUR / 11.5万km 464,000円
2016年4月 2001年(平成13年) アスリート FOUR プレミアム/ 16.4万km 108,000円
2016年3月 2003年(平成15年) アスリートV / 9.2万km 113,000円
2016年3月 2000年(平成12年) アスリート G / 7.8万km 60,000円
2016年2月 2001年(平成13年) アスリートVプレミアム スポーツセレクション / 11.0万km 187,000円
2016年2月 2002年(平成14年) アスリートプレミアム / 15.4万km 93,000円
2016年2月 2002年(平成14年) ベースグレード / 9.9万km 45,000円
2016年1月 2000年(平成12年) ロイヤルサルーン / 7.6万km 32,000円
2015年12月 2001年(平成13年) アスリートE / 8.8万km 205,000円

 

クラウンエステートの買取最高額を知るには?

クラウンエステートを最高額で売りたい方、買取額の「今の」相場を知りたい方は次のズバット車買取比較の無料査定を利用してみてください。

 

簡単な画面入力のみで、概算の査定額を “すぐに” 確認することができます。

 

ズバット車買取比較でクラウンエステートの最高額を確認する

 

 

 

トヨタ クラウンエステートの特徴・買取市場での位置づけ

 

 

 

2007年6月まで製造・販売されていた、トヨタ自動車の最上級ステーションワゴン。

 

 

ゼロ・クラウンの先代セダンをベースに、クラウンステーションワゴンの後継車として1999年12月に発表されました。

 

 

デビュー時にはロイヤルサルーンとアスリートの2グレードが設定されていたものの、マイナーチェンジでアスリートのみに。

 

 

丸目4灯のスポーティなフロントマスクが印象的で、インパネまわりも上質かつスポーツテイストがプラスされたものでした。

 

 

エンジンラインアップは2.5Lと3Lで、いずれも今では(当時も)希少な直列6気筒です。

 

 

ラグジュアリーではあるものの、当時のクルマらしく全幅は1765mmと控えめなサイズ感。

 

 

それでも室内の広さやシートピッチなどに関しては、十分なレベルを確保していました。

 

 

ステーションワゴンとしては世界初となる電動リクライニングシートを採用したことでも話題を集めた、堂々たる雰囲気を持つ国内最上級ワゴンでした。

 

 

トヨタ クラウンエステートの買取査定額アップポイント

年式が古くともキレイに乗られた中古車には、まだまだユーザーからの需要がある車種です。

 

 

「一括査定サイト」を利用することで、買取額に数万円のプラスを実現したオーナーさんも少なくないですよ。

 

愛車の価値が下がる前に

一括査定でチェック

お試し査定もOK!

 

トップへ戻る