【2018年】クラウンハイブリッドの買取査定相場と市場での位置づけ

【2018年】トヨタ クラウンハイブリッドの買取査定相場と市場での位置づけ

 

 

現在のクラウンハイブリッドの買取価格の相場は、42.0万円〜298.9万円

 

 

 

トヨタ クラウンハイブリッドの買取相場一覧

 

トヨタ クラウンハイブリッドの買取査定の事例を一覧にまとめました。

 

査定時期 年式 車名・グレード・走行距離 査定額
2016年4月 2010年(平成22年) Gパッケージ / 4.1万km 2,524,000円
2016年3月 2013年(平成25年) ロイヤルサルーン / 1.9万km 2,890,000円
2016年3月 2013年(平成25年) アスリート G / 1.6万km 3,722,000円
2016年3月 2008年(平成20年) ベースグレード / 5.4万km 1,775,000円
2016年2月 2014年(平成26年) アスリート S / 2.0万km 3,290,000円
2016年2月 2014年(平成26年) アスリート S ブラックスタイル / 0.8万km 3,282,000円
2016年2月 2010年(平成22年) Lパッケージ / 8.9万km 1,259,000円
2016年1月 2015年(平成27年) ロイヤルサルーン G / 1.3万km 3,880,000円
2016年1月 2008年(平成20年) スタンダードパッケージ / 10.4万km 812,000円
2015年12月 2013年(平成25年) ロイヤルサルーン / 1.2万km 2,752,000円
2015年10月 2009年(平成21年) ベースグレード / 3.0万km 1,605,000円
2015年9月 2010年(平成22年) Gパッケージ / 11.7万km 1,446,000円

 

 

 

トヨタ クラウンハイブリッドの特徴・買取市場での位置づけ

 

 

 

ゼロクラウンからモデルチェンジした13代目クラウンの登場が2008年2月のこと。

 

 

そのわずか3ヶ月後、2008年5月に同車初のハイブリッドモデルの販売が開始されました。

 

 

この世代のクラウンは、動力性能や足回りなどが意外なほどスポーティで、さらにそれを後押しすることになったのがハイブリッド仕様。

 

 

FRセダン専用2.5Lハイブリッドシステムは最高出力220psを誇りながら、JC08モード燃費は23.2km/Lと、このクラスの車としては恐ろしいほどの燃費性能です。

 

 

実燃費も18km/L〜と、十分満足できて選ぶ価値のある一台となっています。

 

 

 

 

2.5Lや3.5Lガソリンエンジンモデルよりも速く、しかも加速時のモーターアシストを強力にプッシュするスポーツモードも設定されています。

 

 

最新型の14代目では、先代で独立シリーズとして展開していたハイブリッドモデルは統合される形で、ロイヤルサルーンアスリートの1グレードに編入。

 

 

HV車の先輩である、1.8Lを積むプリウスに比較して、車外で聞こえるエンジン音は大きめです。

 

 

排気量の違いが、そのまま音量の差になっている感覚。

 

 

とはいえ、もともと静粛性に優れているクラウンですから、車内に入ればまったく気にならないレベルです。

 

 

ラウンハイブリッドの買取査定額アップポイント

ハイブリッド/ガソリンモデルとともに同クラスのトップセラーで、リセールバリューは最高ランク。

 

 

完成度の高いクルマ、販売店も安心して顧客に勧めることができるクルマなので、積極的に高値買取してくれます。

 

愛車の価値が下がる前に

一括査定でチェック

お試し査定もOK!

 

トップへ戻る