【2018年】カルディナの買取査定相場と市場での位置づけ

【2018年】カルディナの買取査定相場と市場での位置づけ

 

 

現在のカルディナの買取価格の相場は、5.6万円〜96.0万円

 

 

 

トヨタ カルディナの買取相場一覧

 

トヨタ カルディナの買取査定の事例を一覧にまとめました。

 

査定時期 年式 車名・グレード・走行距離 査定額
2016年4月 2003年(平成15年) ZT 4WD / 8.9万km 26,000円
2016年3月 2000年(平成12年) GT-T / 4.0万km 150,000円
2016年3月 2005年(平成17年) Z Lエディション / 16.5万km 30,000円
2016年3月 2002年(平成14年) G / 9.7万km 14,000円
2016年2月 2002年(平成14年) GT-FOUR Nエディション / 5.8万km 206,000円
2016年2月 2003年(平成15年) GT-FOUR 4WD / 8.2万km 45,000円
2016年1月 2006年(平成18年) ZT / 6.6万km 72,000円

 

 

 

トヨタ カルディナの特徴・買取市場での位置づけ

 

    

 

 

10代目(T190型)コロナのワゴン版として、1992年に登場したミドルクラスのステーションワゴン。

 

 

スバル レガシィに刺激を受けて開発された商用グレードを持たないモデルで、スポーティさは譲るものの、実用性の高さではレガシィ以上の実力を持つ一台でした。

 

 

セダンから独立したワゴン専用モデルとなった3代目(最終型)では、サイズアップして全車3ナンバー化。

 

 

クーペのような流線型デザインがスポーティさを強調するスポーツワゴンへと変身を遂げました。

 

 

トップグレードの2Lターボモデル「GT-FOUR」は、260psを発揮する名機3S系エンジン(3S-GTE型)×フルタイム4WDということで、レガシィGT系に正面からぶつけるために生まれたものの、今ひとつ人気は振るわず。

 

 

それというのも、カルディナにスポーツ性を求めるユーザー自体が少なく、またGT-FOURの車両本体価格は300万円オーバーということもあり、販売面では自然吸気エンジンの搭載車が圧倒的多数だったためです。

 

 

ただし、そのNAエンジン搭載モデルは非常に出来が良い。

 

 

1.8Lはトルク感・吹け上がりともに上々で、このクルマが従来から持つ実用ワゴンとして最適な走りを実現しています。

 

 

また2.0Lエンジンは直噴仕様ということもあり動力性能は余裕十分。

 

 

荷物をたくさん積むことが多かったり、高速道路走行が多いオーナーなら2.0Lの方がおすすめできます。

 

 

 

 

トヨタ カルディナの買取査定額アップポイント

直系の後継車がないまま、2007年6月に生産を終了しています。

 

 

高めの買取が期待できるのは、ターボモデルと2.0ZT。

 

 

このあたりを所有しているなら、少し強気の価格交渉で買取額アップを目指したいところです。

 

 

 

愛車の価値が下がる前に

一括査定でチェック

お試し査定もOK!

 

トップへ戻る