【2018年】シエンタの買取査定相場と市場での位置づけ

【2018年】シエンタの買取査定相場と市場での位置づけ

 

 

現在のシエンタの買取価格の相場は、0.3万円〜174.8万円

 

 

 

トヨタ シエンタの買取相場一覧

 

トヨタ シエンタの買取査定の事例を一覧にまとめました。

 

査定時期 年式 車名・グレード・走行距離 査定額
2016年4月 2007年(平成19年) X / 5.1万km 180,000円
2016年4月 2006年(平成18年) 1.5 G / 4.8万km 315,000円
2016年3月 2005年(平成17年) X リミテッド ナビパッケージ / 15.3万km 37,000円
2016年3月 2010年(平成22年) X リミテッド / 6.5万km 184,000円
2016年2月 2008年(平成20年) 1.5 X Sエディション / 9.2万km 297,000円
2016年2月 2004年(平成16年) ベースグレード / 8.0万km 5,000円
2016年2月 2009年(平成21年) X リミテッド / 1.3万km 566,000円
2016年2月 2009年(平成21年) X リミテッド / 1.3万km 566,000円
2016年2月 2008年(平成20年) G 4WD / 6.4万km 440,000円
2016年1月 2005年(平成17年) ベースグレード / 7.0万km 212,000円
2016年1月 2003年(平成15年) G / 6.5万km 27,000円
2016年1月 2006年(平成18年) X Sエディション / 5.9万km 318,000円
2015年12月 2012年(平成24年) ダイス / 3.8万km 629,000円
2015年12月 2005年(平成17年) X Eパッケージ / 15.6万km 10,000円
2015年11月 2012年(平成24年) ダイス リミテッド / 1.1万km 854,000円

 

 

 

トヨタ シエンタの特徴・買取市場での位置づけ

 

    

 

 

トヨタ最小の3列ミニバンとして2003年に登場。

 

 

5ナンバー枠におさまるサイズと使い勝手の良さを変えることなく、長いあいだ多くのファンに支えられ、同社の隠れたヒット作となっています。

 

 

全長が短いにもかかわらずサードシートをレイアウトして7人乗りが可能で、ミニバンで好評な両側スライドドアを組み込むなど、多くのユーザーニーズを捉えた一台です。

 

 

初代は2度のマイナーチェンジ、一旦の販売終了からの復活などを経ながら2015年まで販売を継続。

 

 

その復活劇は、後継モデルだったはずのパッソセッテの販売不振が理由だったとされています。

 

 

再発売時に新設定された「ダイス」はスポーティな角形ヘッドライトに特徴あり。

 

 

 

 

丸いヘッドライトのかわいいスタイルの標準車との差別化がされています。

 

 

そして2015年夏に満を持して12年振りのフルモデルチェンジ。

 

 

ユニークなデザイン、秀逸なパッケージングに磨きをかけて生まれ変わりました。

 

 

コロンビア代表でレアルマドリード所属のサッカー選手、ハメス・ロドリゲスをCMキャラクターに据えたことでも話題となりましたね。

 

 

 

 

プラットフォームを一新してロングホイールベース化を図り、薄型燃料タンクとバッテリー(ハイブリッドモデル)を床下に押し込むことでキャビンはさらに広くなり、3列目に大人がきちんと座れるようになっています。

 

 

またシートアレンジは多彩で広い荷室を作り出すことも可能。

 

 

使い勝手向上のこだわりは先代から続く不滅のものとなっています。

 

 

ハンドリングに若干接地感の薄さを感じるものの、乗り心地はコンパクトミニバンとしては高いレベル。

 

 

トルク重視のエンジンは動力性能の不足なく、市街地では小回りが効くことから、女性オーナーにも安心して運転できるクルマだといえます。

 

 

トヨタ シエンタの買取査定額アップポイント

新型の中古車はまだ少ないですが、多くの人が市場価値を感じている車種のため、リセール価値は安定して高くなっています。

 

 

高い売却額を望むなら、年式・走行距離が増えないうちに決断したいですね。

 

愛車の価値が下がる前に

一括査定でチェック

お試し査定もOK!

 

トップへ戻る