【2018年】ハイラックスサーフの買取査定相場と市場での位置づけ

【2018年】ハイラックスサーフの買取査定相場と市場での位置づけ

 

 

現在のハイラックスサーフの買取価格の相場は、18.9万円〜202.9万円

 

 

 

トヨタ ハイラックスサーフの買取相場一覧

 

トヨタ ハイラックスサーフの買取査定の事例を一覧にまとめました。

 

査定時期 年式 車名・グレード・走行距離 査定額
2016年4月 2007年(平成19年) SSR-X リミテッド / 6.3万km 1,310,000円
2016年4月 1998年(平成10年) SSR-X Bパッケージ / 16.0万km 174,000円
2016年3月 1997年(平成9年) SSR-G ワイド / 14.4万km 403,000円
2016年3月 2004年(平成16年) SSR-X 20thアニバーサリー / 7.4万km 790,000円
2016年3月 1999年(平成11年) SSR-X Vセレクション / 9.5万km 289,000円
2016年2月 2004年(平成16年) SSR-X アメリカンバージョン / 6.1万km 1,027,000円
2016年2月 2003年(平成15年) SSR-G / 10.4万km 550,000円
2016年2月 1988年(昭和63年) ベースグレード / 20.1万km 37,000円
2016年1月 2002年(平成14年) SSR-V ブラックナビゲーター / 8.4万km 561,000円
2016年1月 1996年(平成8年) SSR / 14.5万km 70,000円
2015年12月 2001年(平成13年) SSR-V ブラックナビゲーター / 11.3万km 311,000円
2015年12月 2001年(平成13年) SSR-X Cパッケージ / 9.6万km 378,000円
2015年12月 2002年(平成14年) SSR-X ホワイトプレミアム / 8.8万km 734,000円
2015年10月 2000年(平成12年) SSR-G / 10.2万km 292,000円
2015年9月 2000年(平成12年) SSR-X プレミアムセレクション / 12.2万km 25,000円

 

 

 

トヨタ ハイラックスサーフの特徴・買取市場での位置づけ

 

    

 

 

1983年から26年間に渡って販売されていた大型SUV。

 

 

元々はピックアップトラックベースの、タフでスポーティなSUVという位置づけのクルマでしたが、2002年に登場した最終形で4代目のN210系は乗用車ベースに変身。

 

 

ランドクルーザープラドとシャシーを共有する、ミディアムクラスのカジュアルなSUVといった感じの車になりました。

 

 

とはいっても基本スタイルは大人気だった先代、先々代モデルと同様で、ボディは5ドアのステーションワゴンタイプ、アイデンティティとも言える台形のラジエーターグリルも健在。

 

 

ひと目でサーフだと分かる存在感を放っています。

 

 

らしさ溢れる4WDモデルのほかに、初のFRモデルとなる「スポーツランナー」を追加。

 

 

エンジンラインアップはベーシックな2.7L直4ガソリンと、最高出力249psを誇る4L V6となっています。

 

 

兄弟車のプラドよりも若い層に人気があった理由は、低く構えた外観でよりワイドに見える、フロントマスクの精悍さ、といったところでしょう。

 

 

2009年8月に車種ラインナップの整理のため、プラドに統合されるかたちで、その歴史に幕を閉じています。

 

 

ハイラックスサーフの買取査定額アップポイント

「燃費が悪い」「後方視界が良くない」などの弱点はあっても、いまだに中古市場では人気を保っています。

 

 

新車で買えるタフなイメージの四駆車が減っていることとも関係しているのでしょう。

 

 

中古相場の好調さは、そのまま買取査定相場にも影響しています。

 

 

多少年式が古くても、強気で交渉するのが吉です。

 

 

 

愛車の価値が下がる前に

一括査定でチェック

お試し査定もOK!

 

トップへ戻る