【2018年】ハリアーの買取査定相場と市場での位置づけ

【2018年】ハリアーの買取査定相場と市場での位置づけ

 

 

現在のハリアーの買取価格の相場は、11.0万円〜318.2万円

 

 

 

トヨタ ハリアーの買取相場一覧

 

トヨタ ハリアーの買取査定の事例を一覧にまとめました。

 

査定時期 年式 車名・グレード・走行距離 査定額
2016年4月 2010年(平成22年) 240G プレミアム Lパッケージ / 3.4万km 1,781,000円
2016年4月 2007年(平成19年) 240G Lパッケージ / 8.8万km 960,000円
2016年4月 2012年(平成24年) 240G Lパッケージ アルカンターラ プライムバージョン / 2.7万km 1,733,000円
2016年4月 2014年(平成26年) プレミアム アドバンスドパッケージ / 0.9万km 3,020,000円
2016年4月 2014年(平成26年) プレミアム / 1.7万km 2,793,000円
2016年4月 2010年(平成22年) ハイブリッド Lパッケージ / 2.7万km 2,095,000円
2016年3月 2007年(平成19年) 350G Lパッケージ プレミアム / 4.4万km 855,000円
2016年3月 2014年(平成26年) エレガンス / 2.5万km 2,609,000円
2016年3月 2010年(平成22年) 240G Lパッケージ リミテッド / 5.9万km 1,410,000円
2016年3月 2005年(平成17年) 300G Lパッケージ / 11.6万km 378,000円
2016年3月 2014年(平成26年) ハイブリッド プレミアム アドバンスドパッケージ / 1.3万km 3,370,000円
2016年3月 2010年(平成22年) ハイブリッド プレミアム Sパッケージ / 5.0万km 1,922,000円
2016年2月 2006年(平成18年) 240G Lパッケージ プライムセレクション / 5.7万km 1,084,000円
2016年2月 2012年(平成24年) 40G Lパッケージ アルカンターラセレクション / 4.1万km 1,623,000円
2016年2月 2001年(平成13年) FOUR プライムセレクション / 13.0万km 45,000円
2016年2月 2006年(平成18年) ハイブリッド Lパッケージ 4WD / 15.0万km 854,000円
2016年2月 2009年(平成21年) ハイブリッド アルカンターラセレクション / 4.2万km 1,800,000円
2016年1月 2005年(平成17年) 300G アルカンターラバージョン / 10.7万km 363,000円
2016年1月 2009年(平成21年) 240G 4WD / 3.8万km 1,790,000円
2016年1月 1999年(平成11年) Gパッケージ / 12.2万km 60,000円
2016年1月 2003年(平成15年) AIRS / 6.9万km 235,000円
2015年12月 2006年(平成18年) AIRS 4WD / 8.1万km 305,000円
2015年12月 2006年(平成18年) AIRS 4WD / 8.1万km 305,000円
2015年12月 2001年(平成13年) iRバージョン / 2.6万km 36,000円
2015年12月 2008年(平成20年) ハイブリッド Lパッケージ アルカンターラプライムバージョン / 5.4万km 1,693,000円
2015年11月 2000年(平成12年) 3.0 エクストラGパッケージ / 9.9万km 42,000円
2015年11月 2001年(平成13年) モデリスタ エアロツアラー / 7.2万km 243,000円
2015年10月 2005年(平成17年) 240G アルカンターラバージョン / 8.9万km 514,000円

 

 

 

トヨタ ハリアーの特徴・買取市場での位置づけ

 

    

 

 

世界に“高級クロスオーバーSUV”の潮流を作り出した先駆者。

 

 

乗用車(主にステーションワゴン)をベースに車高を上げて、SUVのスタイルと利便性プラス、乗り心地の良さや高級感といった多くのメリットを凝縮した車として大ヒット。

 

 

日本市場専売モデルとなるまでは、北米市場ではレクサスRXの名前で販売されていました。

 

 

フォルクスワーゲンのトゥアレグ、BMWのXシリーズ、メルセデスのGL系、ポルシェのカイエンなどが誕生するに至ったのには、このクルマの世界規模での成功があったからです。

 

 

ただしオフロード走行を考えられてはいないため悪しからず。

 

 

最低地上高はいくぶん高いことから整備された林道程度は大丈夫ですが、基本的にシティクルージングが似合うSUVだということになります。

 

 

またラゲッジルームが思いのほか狭いのもご愛嬌です。

 

 

1997年にデビューした初代から引き継がれた2代目(2003年〜)は、各ボディラインをシャープにして、より存在感と上質感のあるスタイリングで人気を得ました。

 

 

2005年4月には待望のハイブリッドモデルを追加。

 

 

搭載したTHS-Uは2代目プリウスと基本的に同一システムではあるものの、フロントモーターと発電機の高回転化、可変電圧システムの高電圧化などハイパワー化に成功しています。

 

 

従来のFFベース4WD車は、ドライブシャフトで後輪を駆動させていますが、これをモーター駆動にすることでスムーズかつ爆発的な加速力を実現。

 

 

2トン近い重量級ボディを感じさせない力強さを見せてくれます。

 

 

 

 

そして2013年に、ファンの要望に応えて現行型・3代目が登場。

 

 

北米版RAV4をベースとしながら、非常にコストをかけた、歴代のハリアーファンを納得させる仕上がりで、プレミアムSUVのポジションを確固たるものにしたと言っていいでしょう。

 

 

ダウンサイジングされたボディは2.0リッターガソリンモデルでも活発な走りを披露。

 

 

また、ハイブリッドモデルはクラウンハイブリッドのシステムを基本としたものにバージョンアップしています。

 

 

スーパーCVTの制御もとても優秀。

 

 

高回転型の「パワーモード」を選択すれば急な坂道でもグングン登るほどのパワーを発揮します。

 

 

歴代モデルとは違うシャープな顔つきも印象的ですが、注目はインテリアになります。

 

 

特にインパネデザインにはプレミアム感が漂い、まるで本革を貼ったかのようなソフトパッド、それを引き立たせるステッチ仕上げなど質感を高めるポイントが満載です。

 

 


現行モデル購入アドバイス!

クルマの質感や押し出しの強さに対して意外なほどコストパフォーマンスが高いのが現行ハリアーの真髄。

 

 

それだけに、できるだけ安価なグレードを選択したほうがありがたみは大きくなります。

 

 

軽快な走りが味わえる2.0LのFF車をベストグレードとしましょう。

 

 

オプションは、レーダークルーズコントロール(プリクラッシュセーフティ機構内蔵)だけは装着したいところで、そのほかは好みで選んでOKです。

 

 

トヨタ ハリアーの買取査定額アップポイント

月別販売台数は5,000台前後と、このクラスでは最優秀レベル。

 

 

新車値引きも拡大していないことから、中古車の査定も満足できる結果を得られるでしょう。

 

 

 

愛車の価値が下がる前に

一括査定でチェック

お試し査定もOK!

 

トップへ戻る