【2018年】トヨタ ブレイドの買取査定相場と市場での位置づけ

【2018年】トヨタ ブレイドの買取査定相場と市場での位置づけ

 

 

現在のトヨタ ブレイドの買取価格の相場は、18.1万円〜91.0万円

 

 

 

トヨタ ブレイドの買取相場一覧

 

トヨタ ブレイドの買取査定の事例を一覧にまとめました。

 

査定時期 年式 車名・グレード・走行距離 査定額
2016年4月 2007年(平成19年) マスターG / 6.6万km 389,000円
2016年3月 2010年(平成22年) ベースグレード / 5.3万km 710,000円
2016年3月 2008年(平成20年) マスターG バージョンL / 6.8万km 554,000円
2016年2月 2007年(平成19年) G 4WD / 8.0万km 285,000円
2016年1月 2009年(平成21年) マスターG / 7.1万km 726,000円
2015年11月 2007年(平成19年) 標準車 / 4.5万km 407,000円

 

 

 

トヨタ ブレイドの特徴・買取市場での位置づけ

 

 

 

“大人のハッチバック”を謳い文句に、上級セダンにも匹敵する質感・安全装備・快適装備を売りにしたモデル。

 

 

オーリスとは姉妹車の関係ながら、こちらは国内販売専用車でした。

 

 

その後のレクサスCTにも通ずる “プレミアムコンパクト” として誕生。

 

 

外装は、当時ノーマル車では採用している車種がそれほど多くなかったクリアレンズを使ったコンビネーションランプを採用。

 

 

運転席のデザインはオーリスとよく似ているものの、シートにアルカンターラを使用するなど質感が非常に高いのが特徴です。

 

 

小型車にもかかわらず余裕のある2.4Lエンジンを積み、クラウンなどからのダウンサイジング需要も受け止めようと開発された一台になっています。

 

 

また安全面でも一クラス上の仕様で、VSC(横滑り防止装置)や強化ブレーキを採用しています。

 

 

2009年12月にはデザインの変更と装備の充実が行われ、メッシュグリルやスポイラー、17インチホイール、専用サスペンションなどを追加したスポーティグレード「Sパッケージ」が用意されることになりました。

 

 

 

 

そして、ある意味トヨタらしくない“非優等生”なエボリューションモデル「ブレイドマスター」に注目です。

 

 

もともと排気量が大きめなこの車に、コンパクトボディには不釣り合いとも言える280psの3.5LのV6エンジンを搭載。

 

 

その上、レクサスIS Fと同じ機構で、パドルシフトの付いた、同社初の6速スポーツダイレクトシフトまで奢られています。

 

 

なかなかの意欲作ではありましたが販売は振るわず、モデルチェンジされることなく一代限りで2012年4月に生産を終えています。

 

 

トヨタ ブレイドの買取査定額アップポイント

玉数が少ない分、中古車市場では多少の希少価値もあるようで、買取相場自体は悪くありません。

 

 

もちろん高値で売ってしまいたいなら、可能な限り早めの見積依頼が大切ではありますが。

 

愛車の価値が下がる前に

一括査定でチェック

お試し査定もOK!

 

トップへ戻る