【2018年】プリウスの買取査定相場と市場での位置づけ

【2018年】プリウスの買取査定相場と市場での位置づけ

 

 

現在のプリウスの買取価格の相場は、3.5万円〜264.6万円

 

 

 

トヨタ プリウスの買取相場一覧

 

トヨタ プリウスの買取査定の事例を一覧にまとめました。

 

査定時期 年式 車名・グレード・走行距離 査定額
2016年4月 2011年(平成23年) S LEDエディション / 3.1万km 802,000円
2016年4月 2004年(平成16年) G ツーリング セレクション / 4.9万km 284,000円
2016年4月 2013年(平成25年) S / 2.8万km 1,296,000円
2016年4月 2007年(平成19年) S 10thアニバーサリーエディション / 16.7万km 170,000円
2016年4月 2012年(平成24年) L / 5.1万km 822,000円
2016年3月 2010年(平成22年) S ツーリングセレクション / 7.9万km 1,240,000円
2016年3月 2010年(平成22年) G ツーリングセレクション レザーパッケージ / 6.2万km 987,000円
2016年3月 1998年(平成10年) ベースグレード / 12.0万km 39,000円
2016年3月 2005年(平成17年) S ツーリングセレクション プレミアム / 7.7万km 205,000円
2016年3月 2010年(平成22年) EX / 5.4万km 380,000円
2016年2月 2009年(平成21年) L / 6.0万km 691,000円
2016年2月 2013年(平成25年) G ウェルキャブ 助手席リフトアップシート車 Aタイプ / 1.9万km 1,078,000円
2016年2月 2012年(平成24年) S ツーリングセレクション Gs / 5.5万km 1,469,000円
2016年2月 2014年(平成26年) S ツーリングセレクション・マイコーデ / 2.7万km 1,502,000円
2016年1月 2010年(平成22年) EX / 4.0万km 431,000円
2016年1月 2011年(平成23年) G ツーリングセレクション レザーパッケージ / 10.6万km 816,000円
2016年1月 2009年(平成21年) G / 9.2万km 1,345,000円
2015年12月 2013年(平成25年) S マイコーデ / 4.8万km 960,000円
2015年12月 2006年(平成18年) S スタンダードパッケージ / 10.1万km 300,000円

 

 

 

トヨタ プリウスの特徴・買取市場での位置づけ

 

    

 

 

日米を中心に大ヒット継続中の元祖ハイブリッドカー。

 

 

エンジンとモーターの二人三脚走行を量産車として世界で初めて実現し、低公害&低燃費を徹底追及したミドルクラスワゴンになります。

 

 

そのセンセーショナルなデビューからすでに20年近く経ち、2015年に登場した最新型は4代目。

 

 

ハイブリッドシステムとバッテリーの進化を核に改善が続けられていて、世界をリードするエコカーの象徴的な存在というポジションはいまだに揺るいでいません。

 

 

現行型(ZVW5#)は、TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)と呼ばれる新しい開発・生産手法に基づいたクルマ造りがされています。

 

 

そのため、アグレッシブになった外装デザイン以外はキープコンセプトと思われがちですが、中身は大きく進歩しています。

 

 

2モーターの「THSU」は名前こそ先代と変わらないものの、中身については一新され、40km/Lという世界最高の燃費に達しています。

 

 

燃費性能については同社のアクアに追い抜かれたこともあり、モデルチェンジにあたって、もっとも注力すべきポイントだったのでしょう。

 

 

また新たに設定された4WDモデルに、リサイクル可能なニッケル水素電池を搭載したことも話題となっています。

 

 

「低温時に特性がよくなる」という特徴を持つニッケル水素電池なので、寒冷地・雪国での需要に対して四駆車に採用したということなのでしょう。

 

 

ただし、通常使用で性能がいいのは“軽量で”“エネルギー抵抗が低い”という特性のリチウムイオン電池なのは変わりません。

 

 

 

 

4代目は走りのフィーリングについても大幅に進化発展させています。

 

 

それも、以前から言われていた「プリウスは走りが楽しくない」という定説を覆すレベルのものとなっています。

 

 

先代に比べて重心高と運転席のヒップポイントが低くなり、新開発プラットフォームでボディ剛性がアップ。

 

 

17インチホイール装着モデルを選べば、カーブで路面に吸いつくようなスポーツカー的な走行感覚を得ることができます。

 

 

また、選択可能な走行モードからパワーモードを選ぶことで、エコカーらしからぬパワーで想像以上の力強い走りが可能です。

 

 

安全装備もより充実しています。

 

 

TSS-P(Toyota Safety Sense P)と呼ばれる先進の自動ブレーキはミリ波レーダーとカメラを組み合わせたもので、車だけではなく歩行者も認識。

 

 

事故回避や衝突被害の軽減を支援してくれる、いざというときに頼りになる安全機能です。

 

 

トヨタ プリウスの買取査定額アップポイント

以上のように、新型は多くの面で魅力度アップしているものの、価格も相応分にアップしています。

 

 

そのことから、大人気だった前モデルを含め、中古車需要は今後も高いレベルをキープすることになるはずです。

 

愛車の価値が下がる前に

一括査定でチェック

お試し査定もOK!

 

トップへ戻る