【2018年】プリウスαの買取査定相場と市場での位置づけ

【2018年】プリウスαの買取査定相場と市場での位置づけ

 

 

現在のプリウスαの買取価格の相場は、40.5万円〜226.6万円

 

 

 

トヨタ プリウスαの買取相場一覧

 

トヨタ プリウスαの買取査定の事例を一覧にまとめました。

 

査定時期 年式 車名・グレード・走行距離 査定額
2016年4月 2014年(平成26年) S / 0.9万km 1,203,000円
2016年4月 2013年(平成25年) G ツーリングセレクション / 4.8万km 820,000円
2016年4月 2012年(平成24年) S Lセレクション / 5.3万km 1,219,000円
2016年3月 2012年(平成24年) S ツーリングセレクション / 7.6万km 1,305,000円
2016年3月 2014年(平成26年) S チューンブラック / 2.0万km 1,953,000円
2016年3月 2012年(平成24年) G / 3.0万km 1,387,000円
2016年3月 2011年(平成23年) S Lセレクション / 1.6万km 1,321,000円
2016年2月 2013年(平成25年) S ツーリングセレクション / 2.5万km 1,649,000円
2016年2月 2015年(平成27年) S / 0.4万km 1,960,000円
2016年2月 2014年(平成26年) S チューンブラック / 2.8万km 1,538,000円
2016年1月 2011年(平成23年) 標準車 / 7.5万km 1,290,000円
2016年1月 2014年(平成26年) G チューンブラック / 4.0万km 1,072,000円
2015年12月 2015年(平成27年) S ツーリングセレクション Gs / 1.1万km 1,855,000円
2015年11月 2012年(平成24年) S / 4.5万km 972,000円

 

 

 

トヨタ プリウスαの特徴・買取市場での位置づけ

 

    

 

 

プリウスの派生車種として誕生したステーションワゴンモデル。

 

 

車高が高く3列シートバージョンもあることから、ミニバンのカテゴリーに分けられることもある一台です。

 

 

旧型プリウスをベースにキャビンを拡大した作りになっていて、フラットで使いやすいラゲッジルームが特徴になります。

 

 

パワートレインはプリウスと共通の1.8Lエンジン+THS-U方式のハイブリッドを搭載。

 

 

ただしボディを拡大したぶん車両重量が増えているため、ミッションを加速性能に優れた変速比にして対応しています。

 

 

それでも7人乗りの定員乗車では走りに余裕はなし。

 

 

7人分の荷物を積む荷室の余裕もなく、乗降性に優れるスライドドアではないなど、本格ミニバンに比べてしまうと不便に感じるユーザーは多いでしょう。

 

 

2014年11月にマイナーチェンジが実施されて、フロントマスクはブラックアウトされた大型グリルの採用で迫力のあるものになっています。

 

 

またG系グレードに運転席パワーシートが標準装備されるなど運転席の調整機構が増え、最適なドライビング姿勢が得やすくなりました。

 

 

サスペンションの設定も見直されマイルドな味付けになっていることから、相乗効果で運転を楽しめるクルマに進化したと言えそうです。

 

 

「オートマハイビーム」や「レーンディパーチャーアラート」などの安全装備が充実したこともトピックです。

 

 

 

 

トヨタ プリウスαの買取査定額アップポイント

不満点はある一方で、ヒンジ式ドアを持つハイブリッドモデルとなると、このクルマが唯一の選択肢となるのも事実。

 

 

そしてネームバリューは十分なため、売るときに気になる買取相場は高いレベルにあります。

 

愛車の価値が下がる前に

一括査定でチェック

お試し査定もOK!

 

トップへ戻る