【2018年】プログレの買取査定相場と市場での位置づけ

【2018年】プログレの買取査定相場と市場での位置づけ

 

 

現在のプログレの買取価格の相場は、2.7万円〜69.3万円

 

 

 

トヨタ プログレの買取相場一覧

 

トヨタ プログレの買取査定の事例を一覧にまとめました。

 

査定時期 年式 車名・グレード・走行距離 査定額
2016年4月 2001年(平成13年)) NC250 / 6.8万km 34,000円
2016年3月 1999年(平成11年) NC300 ウォールナットパッケージ / 3.5万km 55,000円
2016年2月 2006年(平成18年) NC250 FOUR / 4.7万km 384,000円
2015年12月 2000年(平成12年) NC300 IRバージョン ウォールナットパッケージ / 14.4万km 12,000円
2015年11月 1999年(平成11年) NC250 ノーブルインテリアパッケージ / 不明km 7,000円
2015年9月 2004年(平成16年) NC250 プライムセレクション / 3.6万km 71,000円

 

 

 

トヨタ プログレの特徴・買取市場での位置づけ

 

 

 

1998年5月に「マイ・ライフサイズ・セルシオ」というキャッチコピーでデビューした“小さな高級車”。

 

 

兄弟車のブレビス、それからのちに登場するブレイドなど、この頃からトヨタの「小型だけど質感の高いクルマ」の展開がスタートしています。

 

 

当時のアリストやマークU、アルテッツァなどと共通のFRシャシーを使いながらボディを5ナンバーサイズに抑えているのが特徴です。

 

 

いわゆるミドルサイズセダンのサイズながら、ホイールベースは当時のクラウンと同等にして十分な居住空間を確保しています。

 

 

また内外装とともに走りの質感も高く、同社のクルマ造りが色濃く反映されたFRの高級セダンに仕上がっています。

 

 

全車に標準装備されたカーナビゲーションシステムはポップアップ式のDVDタイプ。

 

 

全体的な装備も、それこそセルシオなみに充実していて、従来の国内外の高級サルーンと比較しても見た目の大きさ以外に不満を感じるポイントは少ない一台です。

 

 

 

 

ただ、見た目があまりにコンサバすぎた感があり若いユーザーには受けず、コンセプト自体も今ひとつ受け入れられなかったことから販売成績は低迷。

 

 

その上、2004年に登場した同社のマークXのほうが価格帯も低く、シニア層からの人気も得たことから、2007年6月にあえなく車種ラインナップから消えることとなりました。

 

 

トヨタ プログレの買取査定額アップポイント

この車を少しでも高く売るなら、複数の買取業者に買い競わせることが必須です。

 

 

無料一括見積サービスの利用は欠かせないでしょう。

 

愛車の価値が下がる前に

一括査定でチェック

お試し査定もOK!

 

トップへ戻る