【2018年】トヨタ ベルタの買取査定相場と市場での位置づけ

【2018年】トヨタ ベルタの買取査定相場と市場での位置づけ

 

 

現在のベルタの買取価格の相場は、13.8万円〜65.8万円

 

 

 

トヨタ ベルタの買取相場一覧

 

トヨタ ベルタの買取査定の事例を一覧にまとめました。

 

査定時期 年式 車名・グレード・走行距離 査定額
2016年4月 2008年(平成20年) X / 13.1万km 68,000円
2016年3月 2007年(平成19年) G / 7.5万km 55,000円
2016年3月 2010年(平成22年) X / 3.3万km 226,000円
2015年12月 2006年(平成18年) X ビジネスBパッケージ / 8.7万km 12,000円

 

 

 

トヨタ ベルタの特徴・買取市場での位置づけ

 

 

 

イタリア語で「美しい(人)」という意味の名前を付けられた、トヨタの最も小さな4ドアセダン(当時)。

 

 

ヴィッツがベースのセダン(先代モデル)はプラッツと名乗っていましたが、2005年11月にネームが変えられています。

 

 

プラッツとの大きな違いは、ヴィッツにトランクを付け足しただけのクルマではなく、きちんとオリジナルボディが与えられているところ。

 

 

ホイールベースの90mm延長や着座位置を低くすることで、セダンらしく全高を低くして重心も下げています。

 

 

同時に内外装のクオリティが大きく向上して、カローラ並みの品質を備えたコンパクトセダンとなっています。

 

 

センターメーターを採用したV字型センターパネルを装着し、運転席まわりはクルマのキャラクターに合ったスッキリとした印象です。

 

 

海外では「ヤリス・セダン」のネーミングで販売されていました。

 

 

 

 

モデルチェンジされることなく2012年6月に販売を終えて、直系の後継車はカローラアクシオになります。

 

 

トヨタ ベルタの買取査定額アップポイント

今見ても古さを感じないシンプルデザインと、所有者から“無難で乗りやすい車”という評価をもらう通り、コストパフォーマンスに優れた一台。

 

 

それだけに中古車の需要はまだあり、少しづつ査定相場は下がってきているものの、車の状態に問題がなければ相応以上の買取金額は見込めるでしょう。

 

愛車の価値が下がる前に

一括査定でチェック

お試し査定もOK!

 

トップへ戻る