【2018年】エクストレイルの買取査定相場と市場での位置づけ

【2018年】エクストレイルの買取査定相場と市場での位置づけ

 

 

現在のエクストレイルの買取価格の相場は、6.1万円〜242.9万円

 

 

 

日産エクストレイルの買取相場一覧

 

日産エクストレイルの買取査定の事例を一覧にまとめました。

 

査定時期 年式 車名・グレード・走行距離 査定額
2016年5月 2006年(平成18年) Xtt / 7.9万km 496,000円
2016年5月 2001年(平成13年) GT / 24.6万km 18,000円
2016年4月 2004年(平成16年) X / 9.4万km 143,000円
2016年4月 2014年(平成26年) 20X エマージェンシーブレーキパッケージ / 1.1万km 2,045,000円
2016年4月 2010年(平成22年) ベースグレード / 7.1万km 1,220,000円
2016年4月 2013年(平成25年) 20GT S / 2.3万km 1,741,000円
2016年3月 2007年(平成19年) 20X / 9.8万km 790,000円
2016年3月 2001年(平成13年) S / 16.4万km 25,000円
2016年3月 2007年(平成19年) X エクストリームレザー / 8.2万km 183,000円
2016年2月 2013年(平成25年) 20Xtt / 3.0万km 1,877,000円
2016年2月 2005年(平成17年) Stt / 5.9万km 926,000円
2016年2月 2008年(平成20年) 20S / 11.6万km 230,000円
2016年1月 2011年(平成23年) 25X 4WD / 5.2万km 1,169,000円
2016年1月 2007年(平成19年) アクシスパフォーマンススペック / 7.3万km 652,000円
2016年1月 2008年(平成20年) 25Xt / 2.7万km 1,308,000円
2015年12月 2007年(平成19年) S ドライビングギア / 6.6万km 266,000円
2015年12月 2013年(平成25年) 20GT エクストリーマーX / 2.0万km 2,194,000円
2015年11月 2012年(平成24年) 20Xtt エクストリーマーX / 3.5万km 1,578,000円
2015年11月 2005年(平成17年) ライダー ステージ1 / 7.0万km 409,000円
2015年10月 2000年(平成12年) Xtt ナビエディション / 10.5万km 37,000円

 

 

 

日産エクストレイルの特徴・買取市場での位置づけ

 

    

 

 

日本の道と若者にジャストフィットするSUVとして開発され、2000年10月にデビュー。

 

 

ボディサイズ・価格・使い勝手・装備など、全ての面で綿密なマーケティングが行われた結果生まれた新車種は、その狙い通りに大ヒットしました。

 

 

いかにもクロカンらしい力強いスクエアボディを5ナンバーサイズほどで実現。

 

 

低床フロアの採用で乗用車並みの乗降性と積載性の良さも確保。

 

 

高性能な4WDシステム(ロックモード付きオールモード4×4)以外にFFモデルも設定し、気軽なシティ派クロスオーバーとしても受け入れられました。

 

 

初代T30型(2000年-2007年)、2代目T31型(2007年-2015年)を経て、現行型の3代目 T32型は2013年に登場。

 

 

流行の流線型デザインを用いたスタイルに生まれ変わったものの、従来からの“オフロードや雪道を苦にしないタフな道具感”に変わりはありません。

 

 

アウトドアシーンで便利な防水内装などを継続採用しているのも、その表れです。

 

 

 

 

また現行モデルでは3列シートの7人乗り仕様が追加されて、ミニバン的な使い方もできるのがトピックです。

 

 

サードシート部分はフロアが高いことから正直窮屈なものの、いざというときには重宝するはずです。

 

 

ガソリンエンジンは2Lの直噴で、低回転から豊かなトルクを発生し車重1.5トンをグイグイと押し進めてくれます。

 

 

滑らかなフィーリングのCVTは扱いやすく、アイドリングストップも自然なことから快適な運転感覚を得られます。

 

 

先代モデルに設定されていたクリーンディーゼルモデルが日本仕様では廃止に。

 

 

そのかわりに2015年4月には、セレナにも搭載されるMR20DD型をベースにしたハイブリッドモデルが追加されました。

 

 

1モーター+2クラッチ式のハイブリッドシステムは瞬発力が鋭く出足は軽快、燃費も上々です。

 

 

その一方で、モーターのみを使った走行はアクセル開度の小さい領域に限定されるとう特徴を持っています。

 

 


現行モデル購入アドバイス!

3列シートはいざという時便利なものの、居住空間・荷室容量ともに狭くなるので2列シートのほうがベターです。

 

 

海や山へ頻繁に出かけるのならば、防水仕様もマストでしょう。

 

 

ガソリンかハイブリッドかも悩みどころなものの、年間走行距離が少ないなら前者で十分です。

 

 

ナビやルーフレールなどが装備された特別仕様車「20Xt」は、コストパフォーマンスに優れています。

 

 

日産エクストレイルの買取査定額アップポイント

最新モデルは機能面、装備面で大きな進化を遂げてはいますが、見た目の好みはユーザーによって分かれている様子。

 

 

そのこともあり先代、先々代モデルの中古車にも大きな需要があります。

 

 

 

愛車の価値が下がる前に

一括査定でチェック

お試し査定もOK!

 

トップへ戻る