【2018年】クリッパーリオの買取査定相場と市場での位置づけ

【2018年】クリッパーリオの買取査定相場と市場での位置づけ

 

 

現在のクリッパーリオの買取価格の相場は、12.2万円〜84.3万円

 

 

 

日産クリッパーリオの買取相場一覧

 

日産クリッパーリオの買取査定の事例を一覧にまとめました。

 

査定時期 年式 車名・グレード・走行距離 査定額
2016年5月 2008年(平成20年) Eスペシャルパック / 7.6万km 396,000円
2016年4月 2010年(平成22年) G FOUR / 4.0万km 588,000円
2016年2月 2007年(平成19年) Gスペシャルパック / 6.5万km 179,000円
2016年1月 2007年(平成19年) G / 15.2万km 28,000円

 

 

 

日産クリッパーリオの特徴・買取市場での位置づけ

 

 

 

商用クリッパーバンの乗用軽ワゴンモデルとして登場したNVシリーズのクリッパーリオ。

 

 

2007年にデビューした初代・U71W/U72W型は三菱タウンボックスの、2013年からの現行2代目・DR64W型はスズキエブリィワゴンをベースとするOEM車です。

 

 

軽1ボックスのなかでも室内空間サイズはトップを誇るもので、シートアレンジも多彩なことから、自転車や長尺ものの荷物までなんでも詰め込める頼りがいのある一台となっています。

 

 

荷室をフルフラットモードにしてしまえば車内で寝ることも可能で、車中泊ができるアウトドア趣味車としても魅力的。

 

 

それだけでなく安全装備の充実ぶりも特徴で、クラス唯一のエマージェンシーブレーキ(自動ブレーキ)や踏み違い衝突防止アシストの採用車でもあります。

 

 

全高の高さを生かしたアップライトな乗車姿勢により、見晴らしがよく運転がラクなのもいいですね。

 

 

 

 

最新型はGとEの2グレード展開。

 

 

全車ともにターボに4速ATの組み合わせで走りの質感は高く、ハイルーフタイプを選べば積載性能と走行性能のいいとこ取りができてしまうキャブオーバーワゴンに仕上がっています。

 

 

日産クリッパーリオの買取査定額アップポイント

箱型軽ワゴンはユーザーからの需要が絶え間ないことから、中古相場が一定以上のレベルを保ちやすいのはこの車種でも同様です。

 

 

多少走行が多くても、それなり以上の査定額は期待できるでしょう。

 

 

 

愛車の価値が下がる前に

一括査定でチェック

お試し査定もOK!

 

トップへ戻る