【2018年】ラフェスタの買取査定相場と市場での位置づけ

【2018年】ラフェスタの買取査定相場と市場での位置づけ

 

 

現在のラフェスタの買取価格の相場は、3.0万円〜90.3万円

 

 

 

日産 ラフェスタの買取相場一覧

 

日産 ラフェスタの買取査定の事例を一覧にまとめました。

 

査定時期 年式 車名・グレード・走行距離 査定額
2016年3月 2004年(平成16年) PLAYFULパノラミック / 8.6万km 337,000円
2016年3月 2005年(平成17年) 20M / 14.2万km 48,000円
2016年2月 2012年(平成24年) ハイウェイスター G / 0.7万km 465,000円
2016年1月 2007年(平成19年) 20S / 7.5万km 103,000円
2016年1月 2005年(平成17年) ライダー / 9.4万km 30,000円
2016年1月 2010年(平成22年) ジョイX / 3.3万km 521,000円
2015年12月 2005年(平成17年) ベースグレード / 3.8万km 196,000円
2015年10月 2006年(平成18年) 20S Pセレクション / 2.0万km 204,000円
2015年10月 2005年(平成17年) ハイウェイスター パノラミックルーフレス仕様 / 7.6万km 175,000円
2015年9月 2005年(平成17年) 20S プレミアムインテリア / 8.4万km 40,000円
2015年7月 2009年(平成21年) ジョイX / 5.5万km 532,000円
2015年7月 2006年(平成18年) ライダー スポーティパッケージ / 7.1万km 80,000円
2015年6月 2004年(平成16年) ベースグレード / 6.4万km 21,000円
2015年5月 2008年(平成20年) 20G / 6.0万km 449,000円
2015年4月 2011年(平成23年) ハイウェイスター G / 5.9万km 780,000円

 

 

 

日産 ラフェスタの特徴・買取市場での位置づけ

 

    

 

 

派手さはなく目立たないけど、オーナーになってみると“いいクルマ”と感じる自動車がありますが、ラフェスタはまさにそんな一台でしょう。

 

 

実用性の高さとキレの良い走りを両立したスポーティミニバンです。

 

 

マツダ プレマシーの日産向けOEM車(別ブランド車)ながら、フロントマスクやバンパー、ボディサイドのキャラクターラインなどは専用。

 

 

つまりOEMモデルとしては前例がないくらい変更店が多いことから、見た目はまったく別のクルマに仕上がっています。

 

 

プレマシーよりアクがない親しみやすいデザインなため、シニア層含め幅広い受け入れられやすいのはこちらかもしれませんね。

 

 

エンジンは2Lのみの設定。

 

 

ただしマツダのスカイアクティブ技術を盛り込んだ進化型直噴エンジンが搭載されるのはFF車のみで、4WDモデルは既存の直噴エンジンになっています。

 

 

その結果、エコカー減税の恩恵を受けられるのもFFだけで、ドライバビリティ&燃費は4WDを大きくしのいでいます。

 

 

積雪の多い地域に住んでいるなどの理由がない限り、FFを選んだほうが間違いないでしょう。

 

 

2011年から登場した2代目のグレードはハイウェイスター一択に。

 

 

全幅1750mmと大きすぎず、それでいて2列目を中心に多彩なシートアレンジができてファミリーユースには非常に便利な一台です。

 

 

 

 

日産 ラフェスタの買取査定額アップポイント

平均月版台数は150〜200台ほどと、決して人気車とはいえません。

 

 

特に希少性もないことから、中古相場も下げ止まる気配はありません。

 

 

売るとなったら早めの決断とタイミングの見極めが大切になります。

 

 

 

愛車の価値が下がる前に

一括査定でチェック

お試し査定もOK!

 

トップへ戻る