【2018年】ウイングロードの買取査定相場と市場での位置づけ

【2018年】ウイングロードの買取査定相場と市場での位置づけ

 

 

現在のウイングロードの買取価格の相場は、1.0万円〜106.4万円

 

 

 

日産ウイングロードの買取相場一覧

 

日産ウイングロードの買取査定の事例を一覧にまとめました。

 

査定時期 年式 車名・グレード・走行距離 査定額
2016年3月 2002年(平成14年) Xエアロ / 9.6万km 20,000円
2016年2月 2009年(平成21年) 15B / 5.2万km 347,000円
2016年2月 2002年(平成14年) ベースグレード / 9.4万km 17,000円
2016年1月 2005年(平成17年) ライダー / 12.1万km 38,000円
2016年1月 2007年(平成19年) 15RX エアロ / 6.0万km 57,000円
2015年12月 2003年(平成15年) G / 2.0万km 50,000円
2015年12月 2011年(平成23年) 18G / 6.8万km 165,000円
2015年11月 2004年(平成16年) ZXエアロ / 5.0万km 140,000円
2015年10月 1997年(平成9年) 15M / 10.9万km 23,000円
2015年10月 2006年(平成18年) 18RXエアロ / 6.8万km 298,000円
2015年10月 2003年(平成15年) ベースグレード / 15.5万km 18,000円
2015年9月 2009年(平成21年) 15M オーセンティック / 2.8万km 617,000円
2015年7月 2003年(平成15年) S 70th2 / 3.4万km 42,000円
2015年7月 2009年(平成21年) 15B / 7.0万km 330,000円
2015年6月 2007年(平成19年) 15RX エアロスタイリッシュスポーツセレクション / 3.6万km 340,000円
2015年5月 2002年(平成14年) ライダー ステージ2 MT / 4.9万km 19,000円
2015年5月 2002年(平成14年) オーテック ライダー / 8.4万km 16,000円
2015年5月 2000年(平成12年) Gエクストラ / 13.9万km 10,000円

 

 

 

日産ウイングロードの特徴・買取市場での位置づけ

 

    

 

 

5ナンバー枠に収まるコンパクトボディが特徴のロングセラーステーションワゴン。

 

 

小型車サイズのなかで最高の機能性を追求していて、さまざまな工夫が行き届いている使い勝手のいいクルマです。

 

 

アウトドアユースを想定し荷室に備えられたウォッシャブルラゲッジボードや、荷室側からレバー操作で倒すことが可能な後部座席。

 

 

キャビン、ラゲッジスペースともに広く、長尺物も積みやすいなど、営業車ベースとしても愛されている理由がよくわかる作りです。

 

 

 

 

初代モデル・Y10型は、1996年に日産サニー・カリフォルニアとADワゴンを統合するかたちで誕生。

 

 

一貫して日産車体株式会社が製造を請け負っていることでも知られ、現行型は、2005年から販売が始まった3代目・Y12型となり、10年以上の長期モデルとなっています。

 

 

その分、基本設計は古く、安全装備なども物足りなくなってきている上に、「ライダー」などのスタイル重視のグレードの存在しないことから、モデル末期には違いありません。

 

 

日産ウイングロードの買取査定額アップポイント

リセールバリューについては“それなり”ではあるものの、古い個体でも買い取ってもらえないというケースはないでしょう。

 

 

そのくらいツールとして優れた一台です。

 

 

見積額に数千円〜数万円の上乗せが欲しいなら、利用すべきなのは「中古車無料一括査定サービス」になります。

 

 

 

愛車の価値が下がる前に

一括査定でチェック

お試し査定もOK!

 

トップへ戻る