【2018年】ティーダの買取査定相場と市場での位置づけ

【2018年】ティーダの買取査定相場と市場での位置づけ

 

 

現在のティーダの買取価格の相場は、4.8万円〜74.7万円

 

 

 

日産ティーダの買取相場一覧

 

日産ティーダの買取査定の事例を一覧にまとめました。

 

査定時期 年式 車名・グレード・走行距離 査定額
2016年4月 2008年(平成20年) 15M / 3.8万km 204,000円
2016年4月 2009年(平成21年) 15M / 3.7万km 288,000円
2016年4月 2006年(平成18年) アクシス / 7.1万km 130,000円
2016年3月 2004年(平成16年) 15G / 9.6万km 326,000円
2016年3月 2005年(平成17年) 18G / 6.8万km 43,000円
2016年3月 2006年(平成18年) 15M モダンコレクション / 4.0万km 125,000円
2016年3月 2005年(平成17年) 15S FOUR / 6.4万km 158,000円
2016年2月 2006年(平成18年) ベースグレード / 10.4万km 36,000円
2016年2月 2010年(平成22年) 15M / 5.0万km 187,000円
2016年2月 2009年(平成21年) 15M FOUR 4WD / 4.4万km 172,000円
2016年1月 2005年(平成17年) アクシス / 6.1万km 191,000円
2016年1月 2007年(平成19年) 15G プラスナビ HDD セーフティ / 5.9万km 145,000円
2015年12月 2006年(平成18年) 15M FOUR モダンコレクション / 5.7万km 90,000円

 

 

 

日産ティーダの特徴・買取市場での位置づけ

 

 

 

日産自動車の往年の小型車サニー/パルサーの後継として誕生したティーダ。

 

 

ただし新たな市場を開拓するべく完全に新開発された、同社の既存モデルにはなかったプレミアムコンパクトとなっています。

 

 

それまでの“安いけど狭い”が当たり前だったコンパクトカーとは一線を画し、日本の道路事情に合わせた5ナンバーサイズながら、3ナンバー上級セダンに匹敵するゆったりとした室内スペースが特徴。

 

 

フロントシートのゆとりはティアナクラス、リアシートは240mmものロングスライドが可能でシーマ以上のニースペースが確保できる広々としたものです。

 

 

外観は派手さはないものの大人の雰囲気を持ち、質感にこだわってデザインされた室内はダッシュボードにアルミ調パネルをあしらうなど、ひとクラス上のクオリティと快適性が自慢です。

 

 

パワートレインは環境性能に優れた1.5Lと1.8Lのガソリンエンジンを設定。

 

 

また四駆モデルでは、日立製作所開発のモーターアシスト式四輪駆動システム「e-4WD」を採用しています。

 

 

これはモーターで一時的に後輪を駆動させるもので、その仕組みから燃費の向上と車重の軽量化を実現できる画期的な技術になります。

 

 

 

 

ティーダは2004年9月に販売開始、その後、モデルチェンジを受けることなく2012年8月に生産を終えました。

 

※セダンタイプのラティオも同年に販売終了

 

 

【2016/4/25 追記】

 

中国で開催される北京モーターショー16において新型が発表されるようです。

 

といってもこれは、2014年からヨーロッパ市場で「パルサー」と発売されていたものが、中国市場に「ティーダ」として新規投入されるとのこと。

 

なかなかカッコイイデザインで日本でも売れそうなので、国内でも復活して欲しいですね。

 

 

日産ティーダの買取査定額アップポイント

「セダンは古臭い感じがするけどSUVに乗るのも抵抗がある。大きすぎない品の良いクルマはないものか?」

 

 

このように考えるユーザーの要望にバッチリとはまった一台は、廃盤になってからも中古車市場で人気です。

 

 

つまり、あなたの愛車の再販価値はまだまだ高いということ。

 

 

妥協しない好条件で売却するなら、「インターネット一括見積もりサービス」は是非試しておきたいですね。

 

 

 

愛車の価値が下がる前に

一括査定でチェック

お試し査定もOK!

 

トップへ戻る