【2018年】ティアナの買取査定相場と市場での位置づけ

【2018年】ティアナの買取査定相場と市場での位置づけ

 

 

現在のティアナの買取価格の相場は、5.5万円〜195.2万円

 

 

 

日産ティアナの買取相場一覧

 

日産ティアナの買取査定の事例を一覧にまとめました。

 

査定時期 年式 車名・グレード・走行距離 査定額
2016年4月 2006年(平成18年) 230JM / 6.5万km 332,000円
2016年4月 2004年(平成16年) ベースグレード / 8.0万km 105,000円
2016年3月 2012年(平成24年) 250XE / 5.1万km 658,000円
2016年3月 2005年(平成17年) 230JK / 9.1万km 110,000円
2016年3月 2003年(平成15年) 230JK Mコレクション / 3.8万km 32,000円
2016年2月 2004年(平成16年) 350JM / 8.8万km 24,000円
2016年2月 2004年(平成16年) 350JK 70th2 / 5.3万km 114,000円
2016年1月 2008年(平成20年) 350XV / 8.6万km 569,000円
2016年1月 2004年(平成16年) アクシス / 9.0万km 100,000円
2015年12月 2009年(平成21年) 250XL / 3.2万km 715,000円
2015年11月 2005年(平成17年) 230JK Pコレクション / 4.7万km 84,000円
2015年10月 2003年(平成15年) 230JM プレミアムインテリア / 13.6万km 20,000円

 

 

 

日産ティアナの特徴・買取市場での位置づけ

 

    

 

 

車格としてはローレル、セフィーロの後続モデルとも位置づけられるアッパーミドルFFセダン。

 

 

快適志向の強いハイクオリティセダンながら、ひとつ上のクラスのフーガよりも価格は格段に安く、お買い得感の高さも魅力の一台です。

 

 

2003年デビューの初代・J31型は、日本らしい“おもてなし”をテーマにした居心地の良い居住空間を提供する「モダンリビングコンセプト」が受けて大ヒット。

 

 

その流れは2014年に発売となった現行型3代目・L33型にも継承されていて、人気装備の助手席パワーオットマンも継続して採用されています。

 

 

シートの座り心地はまるでソファーのようで、特に後部座席の快適性が高いと好評を得ています。

 

 

最新型のエンジンは2.5L直列4気筒DOHCの1機種のみ。

 

 

このエンジンはワイドレンジの6速マニュアルモード付きCVTとの相性がよく、軽やかな加速と応答性の良い走りを実現しています。

 

 

またV6エンジンなみに静粛性も高いのも優秀。

 

 

リアに上質な走りをもたらすマルチリンクサスペンションを採用し、スムーズなコーナリングを実現するアクティブトレースコントロールも搭載するなどで、懐の深い走りを見せてくれます。

 

 

 

 

その一方で、世界戦略車として120ヵ国以上で販売され、北米向けのアルティマがベースのためボディサイズは大きめ。

 

 

そのため狭い場所での取り回しや、駐車、すれ違いなどで気を遣う面はあります。

 

 

日産ティアナの買取査定額アップポイント

非常に出来のいいクルマながら、買取相場の盛り上がりはそれほどではありません。

 

 

特にディーラー下取りでは足元を見られやすいようですから、ほかの売却先も検討したほうが高く売れる確率は高まります。

 

 

 

愛車の価値が下がる前に

一括査定でチェック

お試し査定もOK!

 

 

 

 

トップへ戻る