【2018年】フェアレディZの買取査定相場と市場での位置づけ

【2018年】フェアレディZの買取査定相場と市場での位置づけ

 

 

現在のフェアレディZの買取価格の相場は、20.8万円〜4520.9万円

 

 

 

日産フェアレディZの買取相場一覧

 

日産フェアレディZの買取査定の事例を一覧にまとめました。

 

査定時期 年式 車名・グレード・走行距離 査定額
2016年4月 2002年(平成14年) バージョンS / 3.7万km 1,304,000円
2016年4月 2004年(平成16年) ベースグレード / 1.1万km 920,000円
2016年4月 2003年(平成15年) バージョンT / 6.9万km 511,000円
2016年3月 1983年(昭和58年) Z-T ターボ / 9.3万km 695,000円
2016年3月 2006年(平成18年) バージョンS / 9.6万km 557,000円
2016年3月 1992年(平成4年) 2by2 ZX ツインターボ / 13.8万km 155,000円
2016年3月 1998年(平成10年) 2by2 バージョンS ツインターボ / 9.4万km 230,000円
2016年2月 2003年(平成15年) 標準 / 13.1万km 35,000円
2016年2月 2003年(平成15年) ロードスター バージョンT / 12.4万km 494,000円
2016年2月 2005年(平成17年) ロードスター / 7.9万km 920,000円
2016年1月 2009年(平成21年) バージョンST / 4.3万km 1,931,000円
2016年1月 2008年(平成20年) ベースグレード / 5.0万km 1,708,000円
2015年12月 2007年(平成19年) バージョンST / 10.6万km 968,000円
2015年12月 1989年(平成1年) 2by2 300ZX Tパールーフ / 15.2万km 65,000円
2015年11月 2012年(平成24年) バージョンニスモ / 1.6万km 3,176,000円
2015年10月 2003年(平成15年) ロードスター バージョンT ブルートップ / 6.6万km 320,000円
2015年10月 2009年(平成21年) ロードスター バージョンST / 4.5万km 1,887,000円
2015年9月 1997年(平成9年) バージョンR ツインターボ / 9.1万km 93,000円

 

 

 

日産フェアレディZの特徴・買取市場での位置づけ

 

    

 

 

現代のスポーツカーの流れを変えてしまった名車であり、歴史と圧倒的な存在感を持つクルマ。

 

 

日本だけでなく世界でもこの車を知らない人はいないほどで、海外では“Zカー”の名で親しまれています。

 

 

Z34型の現行モデルは2008年12月に登場、1969年誕生の初代・S30から数えて6世代目となります。

 

 

華麗な復活を遂げた先代Z33に対してホイールベースベースを100mm短縮するなど、プラットフォームに大幅に手を入れて旋回性を高め、スタイルもより塊感の強いものとなりました。

 

 

先代に引き続きロードスターを設定(2014年に廃止)、また高性能プレミアムスポーツバージョン NISMO もラインナップ。

 

 

搭載エンジンはニスモを除き全車ともに、スカイラインクーペと共通のV6 3.7Lの自然吸気で、336ps/37.2kg-mの性能を発揮します。

 

 

トランスミッションは7速ATも高性能ですが、注目すべきはシンクロレブコントロール付6速MTの方。

 

 

このシステムはマニュアル車を運転する楽しさを最大限に高めるもので、シフトダウン時のエンジンの回転落ちを気にすることなく、シフトレバーの操作のみで瞬時にクラッチをつなぐことが可能になっています。

 

 

ヒール&トゥいらずの最新技術にプロのレーサーも舌を巻くほどです。

 

 

 

 

性能については往年の名モデルの名を損なわない一方で、ブーメランをモチーフとしたヘッドライトカバーなど、最近の日産車に多いアクの強いデザインには賛否両論あり。

 

 

またピュアスポーツというよりも、モデルチェンジごとにGT路線に近づいていることに不満を覚えるファンも多いようです。

 

 

それでも国産車のなかでの格好良さは別格で、何より「Zに乗っている」という満足感は、オーナーにとって何物にも変えられない価値だといえるでしょう。

 

 

日産フェアレディZの買取査定額アップポイント

S30にはプレミアム価格がつくものの、スポーツカー需要の落ち込みもあり、古い個体は確実に値落ちが進んでいます。

 

 

ただ、ファンは多いクルマなので、極端なカスタムカーや事故車でもない限り買取先に困ることはありえません。

 

 

高く売りたいと考えるなら、じっくりと腰を据えて複数の買取業者を当たり、最高額を提示するところに売却の意思を伝えるようにしましょう。

 

 

 

愛車の価値が下がる前に

一括査定でチェック

お試し査定もOK!

 

トップへ戻る