【2018年】レクサスISの買取査定相場と市場での位置づけ

【2018年】レクサス ISの買取査定相場と市場での位置づけ

 

 

現在のレクサスISの買取価格の相場は、36.9万円〜400.4万円

 

ISの最新相場を調べるなら>>ズバット車買取比較

 

 

レクサス ISの買取相場一覧

 

レクサス ISの買取査定の事例を一覧にまとめました。

 

査定時期 年式 車名・グレード・走行距離 査定額
2018年3月 2013年(平成25年) 300h Fスポーツ / 1.9万km 2,998,000円
2018年3月 2007年(平成19年) 250 バージョンL / 3.3万km 680,000円
2018年3月 2006年(平成18年) 250 バージョンS / 7.3万km 475,000円
2018年2月 2013年(平成25年) 300h (ベースグレード) / 1.1万km 3,160,000円
2018年2月 2013年(平成25年) 300h バージョンL / 4.2万km 2.656,000円
2018年2月 2010年(平成22年) 250 バージョンL / 2.1万km 1,216,000円
2018年1月 2007年(平成19年) 350 バージョンS / 3.5万km 1.877,000円
2018年1月 2008年(平成20年) 250 (ベースグレード) / 8.4万km 711,000円
2017年12月 2005年(平成17年) 250 バージョンS / 6.1万km 1,003,000円
2017年12月 2006年(平成18年) 350 バージョンL / 9.0万km 470,000円
2017年11月 2009年(平成21年) 250 バージョンL / 11.4万km 1,100,000円
2017年10月 2013年(平成25年) 300h Fスポーツ / 3.6万km 3,105,000円
2017年9月 2006年(平成18年) 250 (ベースグレード) / 16.0万km 380,000円
2017年8月 2013年(平成25年) 300h バージョンL / 5.6万km 2.790,000円

 

ISの買取最高額を知るには?

ISを最高額で売りたい方、買取額の「今の」相場を知りたい方は次のズバット車買取比較の無料査定を利用してみてください。

 

簡単な画面入力のみで、概算の査定額を “すぐに” 確認することができます。

 

ズバット車買取比較でISの最高額を確認する

 

 

 

レクサス ISの特徴・買取市場での位置づけ

 

    

 

 

初代モデルはトヨタ アルテッツァで、レクサスブランドの日本開業に合わせて2代目がGSSCと同時発表されたFRセダン。

 

 

同ブランドのエントリーカー的な最小セダンで、ベンツCクラスやBMW3シリーズなどのヨーロッパの小型プレミアムサルーンとほぼ同サイズ。

 

 

ただし、より大柄なGSやクラウンと共有するシャシーにより、余裕のある室内空間と高級車らしい質感を実現したモデルです。

 

 

シェイプアップされたボディと若々しくシャープなスタイリングを持つことから、若い客層や女性客にも人気の一台となっています。

 

 

また、SCに次ぐオープンエアモデルのコンバーチブル2ドアクーペ「IS C」が設定されていたのもこの世代になります。

 

 

 

 

プラットフォームから一新された3代目ISが登場したのは2013年。

 

 

現行型はスピンドルグリルを採用してフロントデザインが大きく様変わりしたものの、注目すべきは走りに関わる部分の進化です。

 

 

先代とは別物のカッチリとした剛性感、サスペンションの動きもスムーズになり、それまでのようにカーブでヒョコヒョコとボディが揺すられることもなくフラットな姿勢が保たれます。

 

 

外見に違わない、さらにスポーティな走りが楽しめるようになっています。

 

 

さらにエンジンラインアップも充実。

 

 

従来からの3.5L、2.5LのV6に加えて、2L直4ターボとハイブリッドAWDを追加。

 

 

特にターボエンジンを搭載するIS200tの走りは刺激的で、いったんアクセルを踏み込めばアイドリング時の静かさはどこへやら。

 

 

適度なバイブレーションを伴いながら力強く加速していきます。

 

 

また、このエンジンは8速ATとの相性もよく、走りだけでなく実用燃費も良いため、ハイブリッドを選ばずとも満足度は高いでしょう。

 

 


現行モデル購入アドバイス!

環境性能とパフォーマンスのバランスがよく完成度が高いので「200t」で不満を覚える人は少ないはず。

 

 

それでも、あえて旧世代エンジンを積む「350」を選ぶというのが通の選択です。

 

 

V6としては世界トップレベルの官能性があり、自然吸気ならではのリニアにパワーが湧き上がっていく感覚やトップエンドの吹き上がりがひと味違います。

 

 

世界的に見ても、こういったエンジンを味わえるモデルに乗れるのは長くはないかもしれませんね。

 

 

レクサス ISの買取査定額アップポイント

モデルチェンジ前の2世代目(GSE2#型)は確実に値落ちが進んでいますから、売るなら早めが正解。

 

 

現行型ならグレードに関係なく高額査定が期待できる一台です。

 

愛車の価値が下がる前に

一括査定でチェック

お試し査定もOK!

 

トップへ戻る