【2018年】レクサスGSの買取査定相場と市場での位置づけ

【2018年】レクサス GSの買取査定相場と市場での位置づけ

 

 

現在のレクサスGSの買取価格の相場は、26.6万円〜454.8万円

 

GSの最新相場を調べるなら>>ズバット車買取比較

 

 

レクサス GSの買取相場一覧

 

レクサス GSの買取査定の事例を一覧にまとめました。

 

査定時期 年式 車名・グレード・走行距離 査定額
2018年3月 2012年(平成24年) 450h バージョンL / 4.0万km 2,496,000円
2018年3月 2008年(平成20年) 350 (ベースグレード) / 2.4万km 1,022,000円
2018年3月 2007年(平成19年) 350 (ベースグレード) / 12.3万km 260,000円
2018年2月 2012年(平成24年) 450h Fスポーツ / 2.9万km 3,380,000円
2018年2月 2011年(平成23年) 450h バージョンI / 8.9万km 1,203,000円
2018年2月 2009年(平成21年) 350 メテオブラックインテリア / 6.6万km 1,105,000円
2018年1月 2013年(平成25年) 450h Fスポーツ / 3.7万km 3,720,000円
2018年1月 2007年(平成19年) 350 バージョンI / 7.6万km 2,140,000円
2018年1月 2008年(平成20年) 450h バージョンI / 2.1万km 1,155,000円
2017年12月 2006年(平成18年) 350 (ベースグレード) / 8.1万km 332,000円
2017年12月 2008年(平成20年) 460 (ベースグレード) / 6.2万km 505,000円
2017年11月 2008年(平成20年) 350 バージョンI / 1.5万km 1,297,000円
2017年10月 2012年(平成24年) 450h (ベースグレード) / 7.0万km 2,193,000円
2017年9月 2012年(平成24年) 450h Iパッケージ / 3.9万km 2,300,000円
2017年8月 2006年(平成18年) 430 (ベースグレード) / 14.7万km 294,000円

 

GSの買取最高額を知るには?

GSを最高額で売りたい方、買取額の「今の」相場を知りたい方は次のズバット車買取比較の無料査定を利用してみてください。

 

簡単な画面入力のみで、概算の査定額を “すぐに” 確認することができます。

 

ズバット車買取比較でGSの最高額を確認する

 

 

 

レクサス GSの特徴・買取市場での位置づけ

 

    

 

 

高級車ブランド レクサスのアッパーミドルセダンとなるGS。

 

 

ヨーロッパの乗用車分類方法では“Eセグメント”に属する車で、世界に目を向ければメルセデスEクラス、BMW5シリーズ、アウディA6、ジャガーXFなど、そうそうたるライバルがいるカテゴリーで競う世界戦略車です。

 

 

国内ではもともとトヨタ アリストとして販売されていて、そこから数えると2012年に登場した現行型は4代目。

 

 

現在のレクサス顔の象徴であるスピンドルグリルを初採用したのもGSです。

 

 

全面刷新されたプラットフォームを採用することでボディサイズを拡大。

 

 

押し出しの強いスタイルと、より広い居住空間を手に入れました。

 

 

インテリア面では室内の各所に金属調の加飾やサテンメッキを使用し、品格ある空間に仕立てています。

 

 

トランク容量は国内セダンでは最大級のもので520リットルを実現し、ゴルフバッグを4個積載できる実用性の高さです。

 

 

 

 

エンジンバリエーションも豊富で、2.5L V6のガソリン、同じく2.5L直4ハイブリッド(300h)、3.5L V6ガソリン、3.5Lハイブリッド(450h)の4種類を用意。

 

 

450hはパワー重視、300hは燃費重視、純ガソリンのV6系は自然なアクセルレスポンスを満喫できる仕様となっています。

 

 

従来モデルには軽快なハンドリングを楽しめるFスポーツもありますが、さらに日常使用からサーキット走行までこなすスポーツモデル“GS F”が追加されたのも気になるところです。

 

 


現行モデル購入アドバイス!

エコ指数が高く、先を見すえたときのバリュー度が高いのは「300h」。

 

 

待望のハイブリッドモデルは動力性能、静粛性ともにGSへの期待を裏切らないレベルに達しています。

 

 

一方で、走りのワクワク感を追求したいなら、選ぶべきは進化が著しい「350 Fスポーツ」。

 

 

先代より乗り心地の粗さが取れているのが好印象で、スポーツセダンとして魅力ある存在になっています。

 

 

レクサス GSの買取査定額アップポイント

 

 

玉数の多い3代目・S19型はデザインがアリストに似ていることからファンも多く、まだまだ高い人気を誇っています。

 

 

中古相場がこなれていることから手に入れやすく、しばらく人気は続きそうです。

 

 

つまり総じて買取価値の高い一台となっていますから、複数の査定業者に見積もらせて、最上の買取額で売却したいところです。

 

愛車の価値が下がる前に

一括査定でチェック

お試し査定もOK!

 

トップへ戻る