【2018年】CR-Zの買取査定相場と市場での位置づけ

【2018年】CR-Zの買取査定相場と市場での位置づけ

 

 

現在のCR-Zの買取価格の相場は、30.7万円〜220.5万円

 

 

 

ホンダ CR-Zの買取相場一覧

 

ホンダ CR-Zの買取査定の事例を一覧にまとめました。

 

査定時期 年式 車名・グレード・走行距離 査定額
2016年3月 2013年(平成25年) α / 1.3万km 1,266,000円
2016年3月 2010年(平成22年) α / 5.6万km 880,000円
2016年2月 2010年(平成22年) ベースグレード / 3.2万km 1,008,000円
2016年2月 2014年(平成26年) アルファ・ドレストレーベルIII / 0.8万km 1,390,000円
2016年1月 2012年(平成24年) α ブラックレーベル / 0.9万km 1,295,000円
2016年1月 2010年(平成22年) β / 2.6万km 791,000円
2015年12月 2011年(平成23年) α / 2.9万km 650,000円
2015年11月 2010年(平成22年) α / 3.4万km 858,000円

 

 

 

ホンダ CR-Zの特徴・買取市場での位置づけ

 

 

 

1980年代に人気だったCR-Xを、2010年に本田技研工業がハイブリッドで復活させたFFスポーツクーペ。

 

 

“スポーツとエコの融合”を指標に、世界で初めてハイブリッド車に6速MTを搭載したことなどで注目を集めました。

 

 

1.5L4気筒にモーターとリチウムイオンバッテリーを組み合わせ、新開発のプラススポーツシステムも搭載。

 

 

これはホンダ流のオーバーブースト機能とも呼べるもので、スイッチひとつで3L V6エンジン並みの加速力が瞬時に手に入るというスグレモノです。

 

 

インパネのスイッチでノーマルモードからSPORT/ECONに切り替えれば、高回転まで軽々と吹け上がるホンダらしい走りから、燃費に配慮した優しい走りまで、幅広いシーンでエコ走行を楽しむことができる一台になっています。

 

 

 

 

スポーツカーにしては着座位置が低すぎず、女性でも乗り降りと運転のしやすいコクピット。

 

 

後席は男性が乗るにはタイトなものの、簡単に前倒しが可能で簡単にフラット空間が作れることから、この手のクルマにしては荷物の積載性は良好な部類です。

 

 

2015年8月に2度目のマイナーチェンジが行われ、外装デザインのリニューアル、リアトレッド幅の10mm拡大など、全体的な質感向上のための進化がされています。

 

 

ホンダ CR-Zの買取査定額アップポイント

そろそろモデル末期ではありますが、おそらく次期モデルは期待できないのではないでしょうか。

 

 

中古市場で人気なうちに売却するか?絶版になりプレミア化するのを待つか?は悩みどころですね。

 

 

 

愛車の価値が下がる前に

一括査定でチェック

お試し査定もOK!

 

トップへ戻る