【2018年】ホンダ レジェンドの買取査定相場と市場での位置づけ

【2018年】ホンダ レジェンドの買取査定相場と市場での位置づけ

 

 

現在のホンダ レジェンドの買取価格の相場は、8.4万円〜393.1万円

 

 

 

ホンダ レジェンドの買取相場一覧

 

ホンダ レジェンドの買取査定の事例を一覧にまとめました。

 

査定時期 年式 車名・グレード・走行距離 査定額
2016年3月 2003年(平成15年) エクスクルーシブ / 3.7万km 177,000円
2016年2月 2005年(平成17年) ベースグレード / 9.7万km 146,000円
2016年1月 2004年(平成16年) 4WD / 7.8万km 225,000円
2016年1月 2000年(平成12年) ユーロ エクスクルーシブ / 14.0万km 10,000円
2015年12月 2004年(平成16年) ベースグレード / 8.1万km 197,000円
2015年10月 2005年(平成17年) ベースグレード / 13.4万km 110,000円

 

 

 

ホンダ レジェンドの特徴・買取市場での位置づけ

 

    

 

 

約2年半の空白期間を経て生まれ変わったホンダのフラッグシップセダン。

 

 

1985年に、同社初のV型6気筒エンジンを搭載してデビューし、トヨタ クラウンや日産セドリック/グロリアの対抗車種として位置づけられました。

 

 

世界戦略車、北米向けブランド「アキュラ」の高級車クラス車として開発が続けられ、歴代伝統の独創性を高めつつ、2015年発表の現行・KC2型で5代目となります。

 

 

最新型はハイブリッドモデルのEXのみの設定で、SH-AWD(スーパーハンドリング・オールホイールドライブ)と呼ばれる4WDシステムが組み合わされています。

 

 

後輪はツインモーター駆動で、左右独立制御のトルクペダリングを用い、峠道でも約2トン(1980kg)の巨体を思わせない正確なハンドリングを披露してくれます。

 

 

3.5L V6エンジンは低回転・高回転・気筒休止(3気筒)のバルブ制御を行う3ステージVTECを採用。

 

 

トランスミッションは奇数ギア段にモーターを接続した高トルク用の7速DCT(デュアルクラッチトランスミッション)で、382馬力のシステム最高出力と1.8Lガソリン車並みの低燃費を実現するものです。

 

 

 

 

ホンダ レジェンドの買取査定額アップポイント

最新型は販売が開始されて間もないためリセールバリューは極めて高い状況。

 

 

それ以前の世代モデルは中古相場の下落が続いています。

 

 

 

愛車の価値が下がる前に

一括査定でチェック

お試し査定もOK!

 

トップへ戻る