【2018年】ステップワゴンの買取査定相場と市場での位置づけ

【2018年】ステップワゴンの買取査定相場と市場での位置づけ

 

 

現在のステップワゴンの買取価格の相場は、0.4万円〜224.3万円

 

 

 

ホンダ ステップワゴンの買取相場一覧

 

ホンダ ステップワゴンの買取査定の事例を一覧にまとめました。

 

査定時期 年式 車名・グレード・走行距離 査定額
2016年4月 2008年(平成20年) G / 12.4万km 34,000円
2016年4月 1999年(平成11年) ベースグレード / 16.5万km 10,000円
2016年4月 2001年(平成13年) i / 8.9万km 71,000円
2016年3月 2007年(平成19年) G HDDナビスタイルセレクト / 5.5万km 378,000円
2016年3月 1999年(平成11年) デラクシー ポップアップシート / 11.7万km 13,000円
2016年3月 2008年(平成20年) スパーダ 24SZ / 3.3万km 582,000円
2016年3月 2005年(平成17年) 24Z / 11.9万km 156,000円
2016年3月 2006年(平成18年) G スタイルエディション / 8.2万km 170,000円
2016年2月 2001年(平成13年) グッディ / 6.6万km 24,000円
2016年2月 2002年(平成14年) D / 9.9万km 21,000円
2016年2月 2006年(平成18年) G LSパッケージ / 17.5万km 15,000円
2016年2月 2007年(平成19年) ベースグレード / 12.0万km 172,000円
2016年1月 2012年(平成24年) スパーダZ インターナビセレクション / 8.0万km 1,144,000円
2016年1月 2001年(平成13年) K / 7.6万km 55,000円
2016年1月 2008年(平成20年) G L HDDナビパッケージ / 9.8万km 258,000円
2015年12月 2004年(平成16年) 24L / 14.8万km 6,000円
2015年12月 2005年(平成17年) ハッピーエディション / 6.1万km 208,000円
2015年11月 2012年(平成24年) スパーダZ クールスピリット / 3.7万km 1,095,000円
2015年11月 2002年(平成14年) デラクシーS / 20.9万km 12,000円
2015年11月 2000年(平成12年) デラクシー フィールドデッキ / 6.5万km 660,000円
2015年10月 2011年(平成23年) L / 3.9万km 1,589,000円
2015年10月 2005年(平成17年) スパーダS スタイルエディションナビ / 8.4万km 580,000円
2015年9月 2014年(平成26年) G Eセレクション / 1.2万km 1,577,000円
2015年9月 2002年(平成14年) D / 4.0万km 50,000円

 

 

 

ホンダ ステップワゴンの特徴・買取市場での位置づけ

 

    

 

 

ホンダらしい若々しさや独創性を特徴とする、ボックス型のミドルサイズミニバン。

 

 

初代の誕生は1996年、5代目となる現行型は2015年に登場しました。

 

 

とにかく家族の日常使いのしやすさを重視して開発されていて、「パッケージ一番」を謳うファミリーミニバンです。

 

 

 

 

ボディサイズは基本的に5ナンバーサイズをキープしながら、ホイールベースと全高を広げることでクラストップの室内空間を実現しています。

 

 

バックドアの左半分が縦にも横にも開く、新発想の「わくわくゲート」の使い勝手は万能。

 

 

狭い場所での開閉も楽で、リアからの乗り降りも自由なことから3列目シートがとても使いやすくなっています。

 

 

新開発の1.5Lターボエンジンには、2L NAエンジンをしのぐ超フラットなトルク特性とパワー感があり、同時にクラストップレベルの低燃費も実現。

 

 

サスペンションの出来もよくストローク感が豊かで、段差などでも不快なショックを感じることはまずないほどです。

 

 

 

 

歴代モデルに設定されていたスパーダも健在。

 

 

専用リアサスと1インチアップタイヤの恩恵で、より軽快なフットワークを得ているスポーティ仕様になっています。

 

 

ホンダ ステップワゴンの買取査定額アップポイント

「このサイズのミニバンを買うならベストな選択」という事実は知れ渡っており、新車売上は非常に堅調。

 

 

中古需要も途切れることがありません。

 

 

もちろん低年式・多走行車は安く叩かれがちですが、そこは「一括査定サイト」を上手に使って、愛車を少しでも高く買い取らせましょう。

 

 

 

愛車の価値が下がる前に

一括査定でチェック

お試し査定もOK!

 

トップへ戻る