【2018年】アクセラの買取査定相場と市場での位置づけ

【2018年】アクセラの買取査定相場と市場での位置づけ

 

 

現在のの買取価格の相場は、11.9万円〜175.0万円

 

 

 

マツダ アクセラの買取相場一覧

 

マツダ アクセラの買取査定の事例を一覧にまとめました。

 

査定時期 年式 車名・グレード・走行距離 査定額
2016年3月 2013年(平成25年) スポーツ 15S / 2.6万km 1,210,000円
2016年3月 2005年(平成17年) スポーツ 20S / 17.7万km 27,000円
2016年2月 2010年(平成22年) スポーツ (ベースグレード) / 7.0万km 208,000円
2016年2月 2015年(平成27年) スポーツ 20S ツーリング Lパッケージ / 0.6万km 1,713,000円
2016年1月 2013年(平成25年) スポーツ 20C-スカイアクティブ / 2.4万km 900,000円
2016年1月 2011年(平成23年) スポーツ 20S / 3.8万km 761,000円
2015年12月 2005年(平成17年) スポーツ 15F Fパッケージ / 6.9万km 155,000円
2015年11月 2008年(平成20年) マツダスピード / 6.4万km 758,000円
2015年11月 2004年(平成16年) セダン 20C / 8.0万km 16,000円
2015年10月 2006年(平成18年) スポーツ 23S / 3.9万km 190,000円
2015年10月 2010年(平成22年) 90周年記念特別仕様車 20E / 2.2万km 251,000円
2015年9月 2006年(平成18年) スポーツ 15C / 4.1万km 115,000円
2015年8月 2011年(平成23年) スポーツ 20S スカイアクティブ / 6.5万km 310,000円

 

 

 

マツダ アクセラの特徴・買取市場での位置づけ

 

    

 

 

国民の足として長年愛されたマツダ ファミリアに代わり、世界戦略車としてデビューしたアクセラ。

 

 

VWゴルフやアウディA3などをライバルとして競い合う5ドアハッチバック&セダンです。

 

 

2003年に登場した初代・BK系は、ヨーロッパ・カーオブザイヤーで2位を獲得するなど海外でも高い評価を得て、アテンザとともに新生マツダを代表するモデルとなりました。

 

 

走りの質感が良いのは基本設計が優れている証。

 

 

そのことから運転教習所の教習車としても利用され、近年ではトップシェアを獲得しています。

 

 

 

 

現行型の3代目アクセラスポーツは同社のデザインテーマ“魂動 - Soul of Motion”を採用したダイナミックな造形が印象的。

 

 

同クラスの国内外ライバルを見渡しても、見劣りしない個性と存在感を発揮して、世界的にも高い評価を得ています。

 

 

特にリアデザインは秀逸で、キュッと引き締まったお尻のスポーティテイストが強烈。

 

 

エンジンは1.5Lと2Lのガソリン、そしてディーゼルターボの3種類で、各エンジンに6速のATとMTが組み合わされています。

 

 

スカイアクティブディーゼルの走りは、従来の国内産ディーゼルの概念を吹き飛ばすほどのインパクト。

 

 

通常モデルでも軽快な走りを楽しめる一台ではあるものの、先代まで設定されていたマツダスピードの登場が待ち遠しいところではあります。

 

 

マツダ アクセラの買取査定額アップポイント

最新型の評判がいいということは、それまでの旧世代のモデルの価値下落は勢いを増すということ。

 

 

古い車を手放すと決めたなら早めが吉。

 

 

まずは複数の業者から一括で見積が取れる無料のサービスを試してみてはどうでしょう。

 

 

 

愛車の価値が下がる前に

一括査定でチェック

お試し査定もOK!

 

トップへ戻る