【2018年】ビアンテの買取査定相場と市場での位置づけ

【2018年】ビアンテの買取査定相場と市場での位置づけ

 

 

現在のビアンテの買取価格の相場は、13.5万円〜181.2万円

 

 

 

マツダ ビアンテの買取相場一覧

 

マツダ ビアンテの買取査定の事例を一覧にまとめました。

 

査定時期 年式 車名・グレード・走行距離 査定額
2016年3月 2010年(平成22年) アイストップスマートエディション2 / 6.9万km 350,000円
2016年3月 2008年(平成20年) 20S / 4.4万km 767,000円
2016年2月 2011年(平成23年) アイストップスマートエディション / 3.8万km 1,206,000円
2016年2月 2008年(平成20年) 20CS / 9.9万km 343,000円
2016年1月 2011年(平成23年) アイストップスマートエディション2 / 6.4万km 798,000円
2016年1月 2012年(平成24年) 20S / 3.4万km 980,000円
2015年12月 2009年(平成21年) 20CS / 8.2万km 205,000円

 

 

 

マツダ ビアンテの特徴・買取市場での位置づけ

 

 

 

マツダ製の“背の高いミニバン”がビアンテ。

 

 

同社のハイトミニバンといえば2005年まで販売されていたワンボックスのボンゴフレンディでした。

 

 

そのモデル消滅後にも同クラスの国内需要は強く、プレマシーやMPVなどの全高の低いクルマではカバーしきれず開発されたのがこのクルマです。

 

 

3ナンバーサイズのプレマシーをベースにしていることから室内は広々。

 

 

着座位置が低めなこともあって頭上空間もたっぷりで、8人乗車時でもストレスを感じづらいメリットを持っています。

 

 

マツダといえばzoom-zoomを掲げて走りの楽しさを訴求しているメーカーであり、その姿勢はこのクルマでも変わりません。

 

 

しなやかな足回りが自慢で、乗り心地の良さは同クラス中でも一級品です。

 

 

 

 

2013年のマイナーチェンジでFF車にはスカイアクティブエンジンを搭載。

 

 

6速ATと組み合わせることで、2016年の現在でも高いレベルにある燃費性能を誇ります。

 

 

フロントのデザインはかなり押し出し感が強いものの、“ミニバン王国”の日本で「人とは違う一台に乗りたい」というときにはピッタリの選択肢だと言えそうです。

 

 

マツダ ビアンテの買取査定額アップポイント

再販力の弱いマツダディーラーに下取りに出しても、良い条件の査定額は出ないでしょう。

 

 

相場以上の買取額を希望するなら、無料一括見積りサイトを利用するのが賢いですし便利ですよ。

 

 

 

愛車の価値が下がる前に

一括査定でチェック

お試し査定もOK!

 

トップへ戻る