【2018年】CX-5の買取査定相場と市場での位置づけ

【2018年】CX-5の買取査定相場と市場での位置づけ

 

 

現在のCX-5の買取価格の相場は、76.9万円〜236.6万円

 

 

 

マツダ CX-5の買取相場一覧

 

マツダ CX-5の買取査定の事例を一覧にまとめました。

 

査定時期 年式 車名・グレード・走行距離 査定額
2016年4月 2012年(平成24年) XD Lパッケージ / 2.6万km 1,875,000円
2016年3月 2015年(平成27年) XD / 0.7万km 2,316,000円
2016年2月 2013年(平成25年) XD Lパッケージ / 2.0万km 2,300,000円
2016年2月 2014年(平成26年) XD プロアクティブ / 0.8万km 2,378,000円
2016年1月 2012年(平成24年) 20S / 2.8万km 1,465,000円
2015年12月 2012年(平成24年) 20S 4WD / 1.5万km 1,320,000円
2015年11月 2014年(平成26年) XD / 1.1万km 2.194,000円

 

 

 

マツダ CX-5の特徴・買取市場での位置づけ

 

 

 

マツダの新世代技術「スカイアクティブ」はエンジンだけに関わるものではありません。

 

 

トランスミッション、ボディ構造などの多岐に渡り、それら全てを搭載した、言わば“フルスカイアクティブモデル”の第一弾がCX-5です。

 

 

高い環境性能と動力性能、そしてルックスの良さも兼ね備え、高い人気を維持し続けているミドルサイズSUV。

 

 

注目が集まり評価も高いのが、新開発の2.2L直4クリーンディーゼルターボエンジンです。

 

 

4リッター大排気量車級の大トルクと優れた燃費性能を両立。

 

 

長らく下火だったディーゼル人気に再び火をつけた立役者とも言えるユニットとなっています。

 

 

一方で、2機種のガソリンエンジンの実力も高く、FFのみに設定される2.2Lは車格に対して実用的に十分な性能。

 

 

2.5Lなら余裕のある走りが可能になります。

 

 

インテリアは同社のクルマに共通の、シート位置やペダル位置を“人間中心”に設計したドライバー優先仕様。

 

 

 

 

2014年11月にはマイナーチェンジが実施され、電動パーキングブレーキやマツダコネクト(カーナビ・オーディオ・車両機能設定の操作が可能なモニター)を採用、そのほか先進安全装備「アイ・アクティブセンス」のバージョンアップも行われています。

 

 

これはかなりの大幅改良とも呼べるもので、走行・安全性能は着実にアップデートされ、ますます商品力が向上しています。

 

 

マツダ CX-5の買取査定額アップポイント

2012年2月の販売開始以降、まだそれほど中古市場には台数が出回っていないものの、買取相場は高値安定の状況です。

 

 

今すぐの乗り換えを考えているなら、問題なく納得のいく査定額が出るクルマだと言えますね。

 

 

 

愛車の価値が下がる前に

一括査定でチェック

お試し査定もOK!

 

トップへ戻る