【2018年】フォレスターの買取査定相場と市場での位置づけ

【2018年】フォレスターの買取査定相場と市場での位置づけ

 

 

現在のフォレスターの買取価格の相場は、4.4万円〜255.0万円

 

 

 

スバル フォレスターの買取相場一覧

 

スバル フォレスターの買取査定の事例を一覧にまとめました。

 

査定時期 年式 車名・グレード・走行距離 査定額
2016年3月 2015年(平成27年) Sリミテッド / 0.7万km 2,150,000円
2016年3月 2004年(平成16年) クロススポーツ アルファ / 5.9万km 58,000円
2016年3月 2008年(平成20年) 2.0XS / 3.0万km 1,203,000円
2016年2月 2013年(平成25年) 2.0i-L アイサイト / 4.9万km 1,848,000円
2016年2月 2008年(平成20年) 2.0XS プラチナレザーセレクション / 4.2万km 1,290,000円
2016年1月 2000年(平成12年) S/tb / 16.4万km 40,000円
2016年1月 2005年(平成17年) XT / 6.5万km 33,000円
2016年1月 2001年(平成13年) S/tb STi2 / 5.7万km 186,000円
2015年12月 2004年(平成16年) X20 LLビーンエディション / 8.0万km 76,000円
2015年12月 2006年(平成18年) STiバージョン / 6.4万km 761,000円
2015年11月 2015年(平成27年) X-ブレイク / 0.4万km 2,390,000円
2015年11月 2005年(平成17年) クロススポーツ 2.0T / 1.1万km 634,000円
2015年11月 2004年(平成16年) XT WRリミテッド2004 / 9.8万km 119,000円
2015年10月 2015年(平成27年) Sリミテッド / 0.3万km 2,250,000円
2015年10月 2004年(平成16年) クロススポーツ 2.0i / 9.0万km 24,000円
2015年9月 1997年(平成9年) T/tb / 11.4万km 15,000円
2015年9月 2015年(平成27年) X-ブレイク / 0.9万km 2,310,000円
2015年8月 2008年(平成20年) 2.0XT ブラックレザーセレクション / 5.3万km 1,195,000円
2015年7月 2014年(平成26年) 2.0XT アイサイト アドバンテージライン / 1.0万km 2,260,000円
2015年7月 2014年(平成26年) 2.0i / 4.1万km 1,632,000円
2015年6月 2010年(平成22年) 2.0X フィールドリミテッド / 1.2万km 1,190,000円
2015年6月 2007年(平成19年) クロススポーツ 2.0i アルカンターラスタイル / 6.7万km 92,000円

 

 

 

スバル フォレスターの特徴・買取市場での位置づけ

 

    

 

 

乗用車ベースのクロスオーバーSUVとして、日本だけでなく海外でも高い人気を誇っているフォレスター。

 

 

都市型SUVのスバルXVが登場したことで、現行型(4代目 SJ系)は路面を選ばないオールラウンダーの性格をさらに強めています。

 

 

1995年デビューの初代から少しづつボディサイズは大きくなってはいるものの、車幅はいずれも1800mm以内に収められていて、街中での扱いやすさがうれしい一台です。

 

 

最新型は全車フルタイム4WD、エンジンはスバルお得意の水平対向4気筒2L DOHCになります。

 

 

この自然吸気エンジンが販売の主役で、低回転からトルクが十分に立ち上がる特性で気持ちよく加速、組み合わされる無段変速機のリニアトロニックCVTのおかげで変速も非常になめらかです。

 

 

伝統のターボモデル“XT”も健在。

 

 

2L DIT(直噴ターボ)はレヴォーグよりも控えめな280馬力ではあるものの、超強力なトルクバンドは変わらず、国産SUV最速レベルを誇ります。

 

 

また同社初のロー/ハイ自動切替ヘッドライトを搭載したハイビームアシストや、アイサイトを含む「アドバンスドセイフティパッケージ」を全車に標準装備。

 

 

このクルマの自慢は、歴代モデルもそうですがハンドリングの良さです。

 

 

背の高さを感じさせずスポーツワゴンのように軽快に走れ、それでいて高速道路や山岳路、雪道でもコントロールしやすいというマルチプレイヤーぶりを発揮。

 

 

スバル車のなかでもフォレスター限定で乗り継ぐユーザーが多いというのも納得できます。

 

 

 

 


現行モデル購入アドバイス!

スバル車でアイサイト抜きは考えられません。

 

 

MT車にはアイサイトの設定がないため、MTマニア以外は、「2.0i-L アイサイト」以上のグレードからの選択になります。

 

 

2タイプの特別仕様車「X-BREAK」と「S-Limited」は、特別装備の内容に魅力を感じるならアリでしょう。

 

 

スバル フォレスターの買取査定額アップポイント

買取については、2007年までの2代目・SG系以前のモデルは、さすがに相場が底を打っている状況。

 

 

それ以降の個体であれば、NA、ターボ車ともにまだまだ高額査定を望めます。

 

 

 

愛車の価値が下がる前に

一括査定でチェック

お試し査定もOK!

 

トップへ戻る