【2018年】ダイハツ ブーンの買取査定相場と市場での位置づけ

【2018年】ダイハツ ブーンの買取査定相場と市場での位置づけ

 

 

現在のダイハツ ブーンの買取価格の相場は、2.0万円〜108.1万円

 

 

 

ダイハツ ブーンの買取相場一覧

 

ダイハツ ブーンの買取査定の事例を一覧にまとめました。

 

査定時期 年式 車名・グレード・走行距離 査定額
2016年4月 2010年(平成22年) CL / 5.4万km 155,000円
2016年4月 2006年(平成18年) CX / 8.5万km 30,000円
2016年3月 2006年(平成18年) CLリミテッド / 7.9万km 32,000円
2016年2月 2005年(平成17年) CX Fパッケージ / 6.8万km 58,000円
2016年2月 2006年(平成18年) カスタム / 7.0万km 74,000円
2016年1月 2011年(平成23年) CL / 10.3万km 22,000円
2015年12月 2007年(平成19年) x4 / 5.1万km 319,000円

 

 

 

ダイハツ ブーンの特徴・買取市場での位置づけ

 

    

 

 

トヨタとの共同開発で誕生したパッソと姉妹車の関係にあるコンパクトカー。

 

 

トヨタからのOEMという形はとっているものの、もともと初代から商品企画はトヨタ、開発&生産はダイハツが担当しているクルマになります。

 

 

2004年から2010年まで販売された初代は、モータースポーツのベースグレードでもあった「X4」(クロス・フォー)や、ミニバンタイプの派生モデル・ブーンルミナスなどのバリエーションがありましたが、2代目ではラインアップを縮小。

 

 

軽自動車からのステップアップ顧客を吸収する役割を持つ同車ではあるものの、少し頼りなさがあるのが気になるところです。

 

 

モデルチェンジ時にはラインアップされていた1.3L車も、2014年4月のマイナーチェンジで廃止になっています。

 

 

ただし1.0L車は「e:S(イース)テクノロジーの採用によって小型ガソリンエンジンとしては国内トップのJC08モード27.6km/Lの低燃費を達成。

 

 

VSC&TRCやエマージェンシーストップシグナルなどの安全装備を標準装備するなど、基本性能の高さには優れたものがあります。

 

 

またシートポジションが高めで視界を確保しやすく、おむつ替えなどに便利な後席の「ロングクッションモード」を採用するなど使い勝手はグッド。

 

 

女性人気が高いのもうなずける一台に仕上がっているのは間違いありません。

 

 

 

 

ダイハツ ブーンの買取査定額アップポイント

パッソほどの知名度もなく、ダイハツディーラーの再販力を考えると、下取りに出すのは賢明ではないかも。

 

 

多くの買取業者のなかから売り先を決めることが出来る「中古車無料一括査定サイト」を試してみるのが得策ではあります。

 

 

 

愛車の価値が下がる前に

一括査定でチェック

お試し査定もOK!

 

トップへ戻る