【2018年】タウンボックスの買取査定相場と市場での位置づけ

【2018年】タウンボックスの買取査定相場と市場での位置づけ

 

 

現在のタウンボックスの買取価格の相場は、3.5万円〜111.8万円

 

 

 

三菱タウンボックスの買取相場一覧

 

三菱タウンボックスの買取査定の事例を一覧にまとめました。

 

査定時期 年式 車名・グレード・走行距離 査定額
2016年3月 2000年(平成12年) RX / 12.9万km 70,000円
2016年2月 2005年(平成17年) LX / 10.4万km 116,000円
2016年1月 2008年(平成20年) LXラグジュアリーパッケージ / 2.7万km 209,000円
2016年1月 2002年(平成14年) ベースグレード / 9.9万km 36,000円
2015年12月 1999年(平成11年) RXサンルーフ / 5.2万km 37,000円
2015年12月 2010年(平成22年) RX / 8.4万km 306,000円
2015年11月 2004年(平成16年) 車いす仕様車 / 15.5万km 24,000円
2015年10月 2012年(平成24年) RX / 2.9万km 398,000円
2015年10月 2006年(平成18年) LX / 5.7万km 110,000円
2015年8月 1999年(平成11年) SX ハイルーフ / 12.2万km 15,000円

 

 

 

三菱タウンボックスの特徴・買取市場での位置づけ

 

 

 

ビジネス用途にもプライベート用にも需要が途切れることがない“弁当箱型”の軽ワゴン。

 

 

各メーカーが用意するそんな軽ワンボックスの三菱バージョンがタウンボックスです。

 

 

自社生産のミニキャブベースだった元祖モデルは2011年に販売終了。

 

 

現在はスズキ エブリィワゴンをベースとしたOEMとして供給されています。

 

 

2015年2月にモデルチェンジした現行型は、エアロバンパーとスポイラーを装備してスタイリッシュな風貌に。

 

 

またハイルーフのみのボディやホイールベースの拡大などによって、クラストップレベルの室内・荷室空間を確保してるのがポイントです。

 

 

上級グレードのGスペシャルを選べば、ワンタッチ電動スライドドア、車速連動式オートドアロック、オートライトコントロールなど、登録車ばりの豪華装備が用意されています。

 

 

三菱タウンボックスの買取査定額アップポイント

この手のクルマは長期利用&長距離使用してから売却するユーザーが大多数です。

 

 

ですから逆に年式が新しく走行距離が伸びないうちだと、目立った高額査定が出やすいとも言えます。

 

 

 

愛車の価値が下がる前に

一括査定でチェック

お試し査定もOK!

 

トップへ戻る