【2018年】SX4の買取査定相場と市場での位置づけ

【2018年】SX4の買取査定相場と市場での位置づけ

 

 

現在のSX4の買取価格の相場は、14.7万円〜76.3万円

 

 

 

スズキ SX4の買取相場一覧

 

スズキ SX4の買取査定の事例を一覧にまとめました。

 

査定時期 年式 車名・グレード・走行距離 査定額
2016年3月 2008年(平成20年) ベースグレード / 9.3万km 161,000円
2016年2月 2009年(平成21年) 1.5F 4WD / 8.8万km 140,000円
2016年1月 2009年(平成21年) 2.0XS / 3.1万km 100,000円
2015年12月 2006年(平成18年) 1.5 サロモンリミテッド / 6.0万km 307,000円
2015年10月 2009年(平成21年) 1.5XG / 7.4万km 163,000円
2015年9月 2006年(平成18年) 2.0S / 6.3万km 294,000円
2015年8月 2009年(平成21年) SX4セダン 1.5G / 1.4万km 195,000円

 

 

 

スズキ SX4の特徴・買取市場での位置づけ

 

    

 

 

2006年に登場した初代は、イタリアのフィアットと共同開発されたクロスオーバーハッチバック。

 

 

オーバーフェンダーやルーフレールを装備したSUVテイストを持ったコンパクトカーというのは、ヨーロッパで人気のカテゴリーです。

 

 

それを日本でも普及させ新たな小型車需要を開拓するために、スズキは福山雅治さんをCMキャラクターにして宣伝広告に力を入れていました。

 

 

「ユーザーは本格的な悪路走破性までは求めていない」

 

 

そのリサーチをもとに4WDはパートタイム式を設定。

 

 

ただし2WD/4WDオート/4WDロックの3モードが選択できるようになっています。

 

 

代が変わって2013年にデビューした2代目は、ハンガリーのマジャールスズキで生産される輸入SUV。

 

 

ネーミングは “SX4 Sクロス” と改められています。

 

 

 

 

先代ユーザーからの声を反映した結果ボディサイズは大きく拡大されて、ホンダ ヴェゼルやマツダ CX-3とほとんど変わらなくなりました。

 

 

とはいっても全長4300mm×全幅1765mmと日本でも扱いやすいサイズ感で、最小回転半径は5.3mと日常使いしやすい部類のクルマには変わりありません。

 

 

駆動システムは新たになった「オールグリップ」。

 

 

車両の挙動変化後の対応(フィードバック制御)だけでなく、姿勢が不安定になることを予測して事前に対応する「フィードフォワード制御」も取り入れられています。

 

 

走行切り替えモードも4モードに進化し、ワインディングでも積極的にトルク配分を行うスポードモードを備えました。

 

 

スズキ SX4の買取査定額アップポイント

世界戦略車ということで欧州各国や中南米、台湾、中国などに二六展開されている反面、国内販売台数と在庫は限られたものになっています。

 

 

そのため中古車の台数も少なく、リセールバリューまで評価するのが難しい状況です。

 

 

売却にあたっては、できるだけ多くの業者から見積を取るのが、この車を高く売るためのセオリーとなるでしょう。

 

 

 

愛車の価値が下がる前に

一括査定でチェック

お試し査定もOK!

 

トップへ戻る