【2018年】ハスラーの買取査定相場と市場での位置づけ

【2018年】ハスラーの買取査定相場と市場での位置づけ

 

 

現在のハスラーの買取価格の相場は、47.4万円〜120.3万円

 

 

 

スズキ ハスラーの買取相場一覧

 

スズキ ハスラーの買取査定の事例を一覧にまとめました。

 

査定時期 年式 車名・グレード・走行距離 査定額
2016年3月 2014年(平成26年) G / 0.6万km 730,000円
2016年3月 2015年(平成27年) X / 1.2万km 997,000円
2016年2月 2016年(平成28年) G 4WD / 0.4万km 1,096,000円
2016年2月 2015年(平成27年) J スタイル / 0.9万km 1,100,000円
2016年2月 2014年(平成26年) A / 1.3万km 771,000円
2016年1月 2014年(平成26年) X ターボ / 2.0万km 705,000円
2016年1月 2015年(平成27年) G ターボ 4WD / 0.6万km 1,109,000円
2015年12月 2014年(平成26年) X / 0.8万km 983,000円
2015年12月 2015年(平成27年) G 4WD / 0.5万km 1,194,000円
2015年11月 2015年(平成27年) J スタイル / 0.7万km 620,000円
2015年11月 2015年(平成27年) A 4WD / 0.3万km 589,000円

 

 

 

スズキ ハスラーの特徴・買取市場での位置づけ

 

 

 

定評のあるワゴンRをベースに、カジュアルな雰囲気と存在感を合わせ持つ軽クロスオーバーとして誕生したハスラー。

 

 

愛らしくたくましいスクエアスタイリングが受けて爆発的な大ヒット、発売当初は納車半年待ちも珍しくないほどの人気でした。

 

 

見て乗って使ってワクワクできる、どこかに行きたくなるという、クルマ本来の魅力にあふれた一台です。

 

 

ワゴンRより25mm高いアイポイントで見晴らしは爽快。

 

 

足回りは安定感のある重厚なフィーリングで、ターボモデルを選べば遠出もまったく苦にならないでしょう。

 

 

街乗りオンリーならば2WDで十分ですが、この車のSUVとしての本領を味わいたいなら4WD一択。

 

 

雪道の急な下り坂などで車速を制御してくれる「ヒルディコントロール」、ぬかるみなどの滑りやすい路面でブレーキと駆動力を制御する「グリップコントロール」といった機能で、悪路や雪道での走破性は想像以上のものになっています。

 

 

 

 

2015年5月のマイナーチェンジで、NAのCVTに搭載していたエネチャージをSエネチャージに変更。

 

 

モーターアシストする時間を調整し、回生だけでなくモーターによる加速アシストで燃費は32.0km/Lに向上し、さらに高い燃費性能を誇るようになりました。

 

 

内装は無骨なようでポップ感あり。

 

 

インパネやドアのパネルは、ボディカラーに合わせてオレンジ、ホワイトが設定されています。

 

 


現行モデル購入アドバイス!

売れ筋はリーズナブルな「G」系。

 

 

ただ、他グレードには設定のない先進安全装備の充実ぶりからすると、少々高価でも「X」系をおすすめしたいところです。

 

 

ターボモデルは圧倒的にパワフルながら、市街地メインであれば、むしろ微低速での扱いやすさに勝る自然吸気を選ぶのも悪くありません。

 

 

ターボの有無による装備差は、ブレーキが異なる程度です。

 

 

スズキ ハスラーの買取査定額アップポイント

いまだに人気の衰えない人気車ではありますが、逆に売れすぎて市場が飽和する可能性も無きにしも非ず。

 

 

売却するなら、簡単に相見積もりが取れる「無料一括査定サイト」を使って数万円〜数十万円の上乗せを狙いたいところです。

 

 

 

愛車の価値が下がる前に

一括査定でチェック

お試し査定もOK!

 

トップへ戻る