燃費の比較検討においてJC08モードなどのカタログ値は意味がある?

燃費の比較検討においてJC08モードなどのカタログ値は意味がある?

 

 

最近の車のカタログには、燃費表示に「JC08モード燃費」という数値が記載されています。以前は、10・15モードというものが記載されていましたが、車の使用環境や測定技術の進歩を踏まえて、より実際の走行状態に近い測定方法といして考案されたものです。

 

 

各社の車のカタログを見ると、以前よりも年々燃費は向上しているように感じます。実際には、以前の10・15モードの燃費よりJC08モードの方が1割程燃費が低くなると言われている状況でもそうなのですから、自動車メーカーの燃費向上へ向けた技術革新の流れは凄いものなのだなと、つくづく感じるところです。

 

 

 

 

実は、この燃費測定に於いて車を走らせているのは、機械的なものではなく人間であるということを最近知りました。ご存じの方も多いかと思う中、正直知りませんでした。

 

 

決められた走行条件の中、停止状態から発進させ一定の速度で走行したり再度停止したりと、実際の使用状況に近づけた細かな速度変化を求められる測定方法になるのですが、それに対し自動車各メーカーは専門のドライバーを用意しているということなのです。より高燃費で車を走らせることが出来るドライバーを育成するのも、自動車メーカーの技術力の1つになっているのかもしれません。

 

 

JC08モードの燃費測定に於いては、ただただゆっくり走らせれば良いものではなく、加速させるところは確りと加速させることで燃費を向上させることが出来るなど、一般ドライバーでは成し得ない技術を持って測定された数値なのです。

 

 

実際に乗って得られる燃費の数値が、カタログに記載されていたJC08モードの燃費に到底叶わない理由の一つが、専門的にトレーニングされた熟練ドライバーと、私たち一般的ドライバーとの違いなのです。謂わば、F1ドライバーと一般ドライバーが競争したようなものかもしれません。

 

 

JC08モードの燃費値は、各社の洗練されたドライバーが叩き出した数値かもしれませんが、その車の持っている能力を引き出したことに違いはありません。燃費の比較検討に於いて、JC08モードなど、カタログ値の比較は今後も有効であることに違いはなさそうです。

 

愛車の価値が下がる前に

一括査定でチェック

お試し査定もOK!

 

トップへ戻る