手放したことを後悔・・・ランサーエボリューションXのレビュー

手放したことを後悔・・・ランサーエボリューションXのレビュー

 

 

私は2011〜2013年の間、ランサーエボリューションXに乗っていました。

 

スペックは、2.0lターボ 4WD 5MTとなります。

 

1年落ち7000kmで、内外装もほぼ新車のような状態のものを300万円で中古購入しました。

 

 

 

 

とてつもないパワー感とコーナリング性能

 

とにかくパワフルな車で、2リッター車とは思えません。

 

歴代のランエボと比べると重量が100kg近く重くなっていることもあり、低速では少々軽快さに欠けますが、走り出してからアクセルを踏み増したときの加速は強烈のひと言。

 

で、なおかつ電子制御による直進やコーナリングの安定感は抜群でした。

 

特にコーナリングの際は、曲がりきれるのか不安になるような急カーブも、ランエボ伝統の電子制御技術により、作動した瞬間に更にハンドルを切れるようになり、高速でコーナーを回ることができます。

 

正直、気持ち悪いくらいよく曲がる車です。

 

走る気にさせてくれるようなエンジン音が室内まで響きます。

 

これは国産車じゃあGT-R以外に敵はいないなと思えるような走行性能でした。

 

 

 

内装や装備について

 

 

また内装や装備ですが、若干プラスチッキーでチープだという意見もありますが、個人的にはそれほど悪くはないと思いました。

 

カラーのインフォメーションディスプレイにはトリップメーター、燃費計、燃料計、電子制御の作動状態などが表示され、今時の車といった感じです。

 

オートライトやオートワイパー、ヒーテッドドアミラーやシートヒーター(オプション)など、スポーツカーとしては十分すぎる装備も付属していました。。

 

あまり過度なスポーツ走行をしない私にとっては、純正でレカロシートが2脚ついているのも豪華だと感じました。

 

 

 

意外と良好だった燃費

 

乗り心地ですが、やはりその手の車だけあって、純正KYB製のサスは非常に硬いと感じます。

 

レカロシートのホールド性と相まって、突き上げはかなりのものでした。

 

が、それも味の一つと思い、特に不快とは思いませんでした。

 

燃費は街乗り9〜10km/l、高速11〜12km/l、田舎道12〜13km/lと、おとなしく走っていればカタログ値を常に超えた燃費を維持できます。

 

 

 

 

以上がランエボXのレビューとなります。現在は別の車に乗り換えてしまいましたが、手放したことを後悔するくらい、とてもいい車でした。

 

愛車の価値が下がる前に

一括査定でチェック

お試し査定もOK!

 

 

だからあなたは損をする 中古車査定の実情

トップへ戻る