後付けカーセキュリティシステムは独自のイモビ機能で乗り逃げも阻止!

後付けカーセキュリティシステムは独自のイモビ機能で乗り逃げも阻止!

 

 

カーセキュリティシステムは、窃盜やイタズラなど、車両に異常が生じた際にサイレンやフラッシュなどで警告してくれるものです。

 

 

機種(仕様)によっては、付属のリモコンで離れた場所にいるオーナーに異常を知らせる盗難対策装置のこと。

 

 

大きく、盜難警報装置と盜難防止装置の2タイプに分類され、各々の違いは、警戒状態でエンジンの始動を不能にするイモビライザの有無にあります。

 

 

純正イモビライザーが、プロの窃盜犯の前ではもはや無力に近いことを考えると、システム本体にイモビライザー機能を付帯した機種を選んだほぅが安心感が高いといえます(オプションで機能を拡張できる機種もあり)。

 

また、これら後付けのセキュリティシステムの多くが、あらゆる事態を想定し、車体のさまざまな部位にセンサーを設け、車両に人が接近したり、ドアを開放したり、あるいは室内に不審者が侵入するなどの異常を検知。

 

メーカー純正のシステムとはI線を画す、高度な防盜機能を備えているのです。

 

 

ただし、センサーの感度いかんによっては、まれに誤報/失報といった卜ラブルを生じるなど、電子機器に疎いムキに敬遠されがちな側面もあります。

 

 

もっとも、こうした問題の多くはシステム側の調整に起因していることが多く、アフターフォローも含め、セキュリティシステムは、信頼できるプロショップでの購入、取り付けを基本に考えたいところです。

 

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-8666465815429671"
data-ad-slot="7689181700"
data-ad-format="link"
data-full-width-responsive="true">

 

 

 

自動車セキュリティシステムの基礎用語

 

【アーム/ディスアーム】

セキュリティを警戒状態にするのがアーム、警戒を解除することをディスアームという

 

【発砲】

カーセキュリティが異常事態を検出し、警報を発すること

 

【膜報失報】

車両に異常事事態が発生していないにもかかわらず、落雷などの急激な気象変化などによってアラームが作動したり、手元のリモコンなどに異常を知らせる通知が届くこと

 

【アンサーバック】

車両の状況をリモコンなどに通知する機能

 

【リモコン】

ポケベル機能と併せて、液晶表示によって車両状態を把握できる多機能タイプと、シンプルで携蒂性の高いタイプがある

 

【ページャ】

車両側に送信機能(卜ランシーバー機能)を持たせ、持ち歩く側の受信機(専用端末のポケベル)に電波を送信、離れた場所に駐車しているクルマの異常を知らせてくれるもの。遠隔距離を問わず、電話,メールで通知されるタイプもある

 

【バレイモ一ド】

アラー厶製品の機能の1つで、一時的にアラーム機能を停止させることができる。ディーラーなどに車両を預ける際などに使用する。誤操作による失報を防ぐことも可能

 

【バレイスイッチ(バレットスイッチ)】

アラーム作動緊急解除用のスイッチ。リモコンの紛失や電池切れ、リモコン操作を行ってもアラーム本体が操作を受け付けないなど、緊急解除が必要な時に使用する。ON/OFF式と暗証番号を入力する方式がある

 

【スキャナ一】

アラームの作動状態を視覚的にアピールするLED発光装置。さまざまなデザインやカラ一、発光パターンがある。メインバッテリーへの負担は大きい

 

【ボイスモジュール】

警告、威嚇などを音声で行なうための装置

 

【シヨック(衝撃)センサー・オムニセンサー】

振動や衝フに反応する基本となるセンサー。警告と警報の2段階のゾーンをもつものが主流。センサーの感度レベルはツマミやリモコン操作で行うが、感度調整にはある程度の慣れが必要とされる

 

【チル卜(傾斜・ジャッキ)センサー】

車両の傾きを感知するセンサー。アルミホイ一ルの盜難対策、積載/レッカーによる車両の移動対策にも有効。安価なモデルでは傾斜地に駐車した場合、このセンサーを無効にしてしまうが、高性能モデルではセキュリティをONした際の状態を記憶して感知する

 

【レーダーセンサー】

車両に接近したり、車内をのぞき込む不審者など、周囲の動きを感知して反応するセンサ一。外出先の一時的に駐車する環境でのみ使用可能。単に動きだけを感知するタイプと、接近する物の方向性まで判断する高性能タイプがある。「プロキシミティセンサ一」や「フィールドセンサ一」ともいう

 

【ピンポイン卜センサー】

金属音など特定の周波数に対してセンサーが反応。何かがキーシリンダーに差し込まれたり、ガラスの割れる音に反応。ただし、落雷や大雨、大きな排気音などに過敏に反応する傾向があり、誤報の原因にもなる

 

【音感センサー】

ウインドウが割れたときの音(特定の周波数)を感知するセンサー。ハイエースバンのような室内空間が広い車種で、後部を重点に守りたいときに有効

 

【超音波センサー】

ドアの開放や、ウインドウの破壊など、室内のの空気密度の変化に反応する

 

【バックアップサイレン】

バックアップバッテリーを内蔵したサイレン。窃盗犯にサイレンを見つけられ、電源線を切断されても内蔵バッテリーの容量が残っている限り鳴り続ける。主バッテリーが上がっていても作動する

 

【オンボードイモビライザー】

セキュリティシステムの本体にイモビライザー機能を内蔵したもの。セキュリティシステムの本体を分解しないとイモビライザー機能をキャンセルできないため防盗性に優れている

 

【ブラックジャック】

バレイスイッチに暗証番号を入力しておくことで、セキュリティリモコンやキーとともに車両が乗り逃げされてしまった場合もしばらく走った後、安全に、ゆっくり止めるシステム。“ごっつん盜”など、エンジンがかかっている状態での盜難(カージャック)に対応する

 

愛車の価値が下がる前に

一括査定でチェック

お試し査定もOK!

 

トップへ戻る